24時間365日 通話無料 0120-245-990

トイレのつまり 原因と解決法

水道救急センターにお任せください

お問い合わせはこちら
トイレのつまりトラブルはお任せください
急行いたします
対応エリアマップ
宮城県に対応 福島県に対応 山形に対応
東京に対応 神奈川県に対応 埼玉県に対応 千葉県に対応 茨城県に対応
大阪府に対応 兵庫県に対応
対応エリア

お近くのスタッフが
30分以内目標に急行いたします

対応エリアの一覧を見る

お困りのトイレのトラブルをタップしてください

水周りのプロが責任を持ってトラブルに対応します水周りのプロが責任を持ってトラブルに対応します

水道救急センターは水道局指定店です

【1級建築士取得店】・【給水装置工事主任技術者取得店】
水道救急センターにお任せください。水まわりのトラブル全般に対応致します。

【PL保険加入店】
当社はPL保険(生産物賠償責任保険)に加入しています。
お客様の安心と安全をお約束致します。

34万件の解決実績があります!
トイレのつまりが紙類でない場合、ご自身で解決を試みると便器内部を傷つけ二次災害を引き起こす可能性があります。トイレのトラブルは、水道救急センターにお任せください。 お問い合わせはこちら

【0】トイレがつまった!ときには

トイレつまりが起きたときにすること
0-1、トイレがつまった時まずは深呼吸をしましょう

今、このサイトを見られている方は一刻も早く何とかしたいと焦っている方も多いと思います。

ですがまずはゆっくり、深呼吸をして下記のことをしっかりと守ってください。
こちらのページでは、トイレのつまりに対するプロの対処法を記載させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

0-2、トイレがつまった時やってはいけないこと

トイレのつまりというトラブルから想定される、キケンなことを挙げていきます。
これは、焦っている非日常の場面だからこそやってしまいがちなミスです。

「自分は冷静だ」と思っていても過信しすぎないように気を付けてください。

ラバーカップ・スッポン

1.ラバーカップ(スッポン)・ワイヤーブラシを3分以上使わない。
これは、ホームセンターなどで安価に買うことができるためまず思いつく手段かと思います。
我々のような業者を使うまででもなく「安価に済ませたい。」でも「なかなかうまくつまりが取れない」
このことが余計にものを奥に詰まらせてしまうケースがあります。

3分以上を取り組んで、もしダメだった場合は重症なケースが多いので
一度手作業の手をとめてみてください。

水槽

2.むやみにトイレの水の元栓、水槽をいじらない。
このトイレの元栓や水槽は、結構皆様が触ってしまうことが多いですが
中には、水道管が劣化しているケースがあったり、
そうでなくても水槽をいじり、割ってしまう2次被害のケースがあります。

トイレのつまりが発生した場合、下手に手を加えず放置してください。
水漏れが止まらないケースは元栓を閉めることで解決ができます。

パイプクリーナー パイプクリーナー2

3.パイプクリーナー(排水パイプ用洗浄剤)を使わない。
ここについても同様です。
市販で売っているパイプクリーナーは「お風呂用」だったりするケースがほとんどです。
髪の毛などのタンパク質を酸化分解するものになることが多いですが、
トイレットペーパーを溶解することはありません。

我々が使うような業務用のパイプクリーナーはそもそも中身の薬品の料などが異なっており、
ケースにより使い分けをされます。
また、劇薬に指定されているため市販されることはありません。


さらに中には熱を発することで溶解させるものもやトイレ配管やゴムの素材を溶かしてしまうケースがあり、
ご自身の判断で利用されるのは控えてください。


0-3、つまり原因と解決法その前に

早速原因と解決方法をお伝えしたいところですが、
やはりプロとして助言できることとすれば、「被害が拡大する前にプロを呼んでほしい」ということです。

皆さまがご懸念される点として
水道業者にありがちな「だまし取られた!!」「電話の見積もりよりも多い!」というケースがあります。

それはすべては【現場に行かないとわからないから】なのです。
実は水道管の深いところで劣化をしているためのつまりのケースも中にはあり、1次的な解決ができても再発してしまうケースもあるからです。

例えば築30年以上の老朽化しはじめた物件などでは、外壁をきれいにされていても
水道管の別の問題が見つかるケースもあり、
中にはそれに付け込んで、
リフォーム工事のオプションをどんどん追加で提案してくる悪徳な業者様も中にはいらっしゃいます。


しかし実は我々のようなプロでも、簡単にラバーカップなどで終わらせてしまうこともあるのです。
その場合にかかる費用は基本的に往復の交通手配費用のみで5,000円程度で終わることもあるのです。

トイレのつまりが発生した際は、まずはお気軽に弊社へご相談のお電話をください。

問い合わせフォーム

指定地域の外からのご依頼はたいへん恐れ入りますが、
承っておりませんのでご容赦ください。



それでもやはりまずはご自身でお取組みされたい場合は
下記にコンテンツを書かせていただきましたのでチェックしてみてください。


【1】トイレのつまり 原因と解決法

1-1、トイレのつまりの原因と解決法
トイレのつまり

弊社では、基本的にはご自身での操作は推奨していませんが、 ここでは「トイレのつまり」の原因と解決法を簡単にご説明させていただきます。

・トイレタンクの役割と水が溜まる仕組み
トイレタンクとは、次回トイレを流す際の水を貯めておくためのもので、洋式便器の多くにはこのタンクが付いています。レバーをひねると、タンクに溜まった水が流れだし、バルブが閉じるとタンクに水が溜まり始めます。 タンクに一定の水位に達すると、タンク内部の浮き球によって、給水が止まる仕組みになっています。

・便器の役割と仕組み
よく見る洋式便器の構造は一件、単純そうに見えますが、実は排水部に続く配管がカーブしている構造になっています。汚物を流す仕組みとしては、上記のトイレのレバーをひねり、タンクから水が流れると「水たまり」の中にある水の勢いで「排水口」「排水路」を通り押し出されていくと言う仕組みになっています。
ご自宅のトイレの構造を理解していれば、トイレのつまりなどの トラブルが発生した時に、トイレの何処に何が詰まっているのかという原因の理解が早まりますので、この機会にぜひ自宅のトイレをチェックしてみてください。
ですが、もしトイレのつまりの原因がわかったとしても、無理に直そうとすると事態の悪化を招く恐れがございますので、一度、われわれプロフェッショナルにご相談ください。

1-2、トイレのつまりの前兆?流れなくなる前に
トイレのつまりの前兆

トイレは1日に何回も行く場所で、今までご家庭のトイレを何回使用したか覚えている人なんていないと思います。しかし、トイレは使用される度につまりの原因は蓄積されてしまうのです。 まずは、トイレのつまりの前兆を捉えて、水が流れなくなるなどの深刻なトラブルを未然に防ぐことをおすすめします。

・トイレのつまりの前兆1:便器の水位が上がる
便器に溜まる水の水位が高くなっていたら注意が必要です。 そのまま放置していくと、便器から水があふれんばかりの水位になることも。こういったケースでは、便器の排水路のつまり、あるいは下水管の詰まりが考えられます。

・トイレのつまりの前兆2:水を流すと変な音がする
水を流した際に「ゴボゴボ」といった異音がなるようになったら要注意。 こういった場合は下水管にトラブルがあるか、深刻なつまりが発生している可能性があります。このような症状が出ている場合、専門業者に依頼しなければ解決しない程のトラブルであることが多く、特に集合住宅の場合は、放置することで他の世帯に迷惑がかかるケースもあるので、必ず早めに管理会社や大家さんに連絡をしましょう。

・トイレのつまりの前兆3:水が少ない、流れが悪い
水が出ない、もしくは出ても少量の場合は、便器よりもトイレタンクに原因があることがほとんどです。タンクの部品の破損やひっかかりなどが主な原因となりますので、タンクの蓋を開けて確認してみましょう。

トイレットペーパー

・大量のトイレットペーパー
トイレのつまりの原因として一番多いケースが、トイレットペーパーの使い過ぎによるつまりです。トイレットペーパーはすぐに水に溶けるようにできていますが、一度にたくさんの量を流しすぎると完全には溶けきれずにトイレのつまりを引き起こしてしまうのです。トイレットペーパーの使用量としては、月に3ロールから4ロールの消費が目安となっています。

・異物を流してしまう
ここでいう異物とは、嘔吐物や猫砂などをさします。体調が優れないときなどは、便器へ嘔吐することもあるかと思いますし、ペットの排泄物と一緒に猫砂などを流してしまう場合もあると思いますが、実はそれがトイレの詰まりを引き起こす原因となってしまう事もあるのです。 忘れてはいけないことは、基本的に便器に流していいのは排泄物とトイレットペーパーのみです。それ以外のものは流さないように心がけましょう。近年では、便器に流せるタイプのお掃除シートなどがありますが、こういったものも極力流さないようにしてください。

トイレタンク

・節水アイデアで詰まりを引き起こすことも!
最近、ご家庭で流行している節水術として、トイレタンクにペットボトルを入れ、一度に流れる水の量を減らす方法があります。水の節約アイデアとして有名な方法ですが、これもトイレつまりの原因となります。タンクの中に何かを入れる行為は、逆に水の無駄遣いを招く場合もありますし、トイレのつまりのみならず、タンクの破損や故障を引き起こして、修理費用等、余計な出費が発生してしまうのでご注意ください。

【2】詰まったトイレの直し方と注意点

2-1、詰まったトイレの直し方
お湯を使う方法

・お湯を使う方法
ご家庭で、トイレのつまりを解消する際の方法として良く耳にするお湯を使った方法についてご説明いたします。
この方法は、お湯を使うことによってトイレに詰まっている紙類をふやかして、流れやすくするという方法です。
しかし、トイレが詰まったから、お湯を使って解決するという発想は危険です。
もしつまりの原因が紙類であればこの方法は有効ですが、万が一、ペンや置物などの固形物だった場合、
詰まっているものを更に奥に押し込んでしまう事になります。
更に、便器は陶器で出来ているため、熱に弱く、熱湯を注ぐと割れてしまう恐れもあります。
トイレ詰まりの解決方法として、お湯を使う時は、絶対にその原因が紙類であると断定できる時のみ、そして使用するお湯は40度くらいのぬるま湯をお使いください。

・ラバーカップを使う
ご家庭のトイレが詰まった際、まず思い浮かべるのがラバーカップだと思います。
ラバーカップを便器の排水口に押し当てて、溜まった水を引き上げることで、トイレのつまりとなっている物を逆流させて取り除くという方法です。
ラバーカップも原因が紙類であると判断できる時のみの使用をお勧めします。
適切に使わないと、逆に詰まりの原因となっている物を押し込んでしまい、最悪の場合トイレ本体を取り外しての修繕が必要になってしまうこともございます。
またラバーカップも原因が紙類であると判断できる時のみの使用をお勧めします。
一般的に知られている方法ですが、以外と知られていないラバーカップを使う時の注意点があるので、ご説明させていただきます。

「ラバーカップを使う時の注意」
ラバーカップ

1.ラバーカップには種類があります。
意外と知られていないですが、ラバーカップは和式トイレ用と洋式トイレ用で異なります。 簡単に見分けるポイントは、先端部分が出っ張っているかどうかです。 和式トイレなのか洋式トイレなのかで、トイレの構造自体が異なりますので、ご家庭のトイレに適したラバーカップかを確認してください。

2.トイレの水位を確認してください。
ラバーカップは、真空状態を作って溜まった水を引き上げるため、便器内の水位が低いと使っても効果がありません。 もしトイレの水位が低い場合は、バケツなどを使ってラバーカップが水に浸かる程度まで水を溜めましょう。 また、逆に水位が高い場合は、バケツで水をすくって便器の水位を減らしてください。 ラバーカップの動作によってお水が飛び散る危険性があります。

3.詰まりの原因が出てきても、すぐに水を流してはいけません。
ラバーカップを用いて、何度か押し引きを繰り返すと詰まりの原因が便器内まで逆流してきます。しかし、それを取り除いてすぐにトイレを流すのは危険です。 もしも、まだ別の何かが便器内に残っていて、完全に詰まりが解消されていなかった場合、便器の水位が上がり、最悪の場合、水が溢れ出す恐れがあります。 まずはバケツなどで水を入れ、スムーズに流れることを確認してから、レバーをひねって水を流してください。

3-2、ご家庭で直す場合の諸注意。

ご家庭でトイレのつまりを直す際、お湯を使う方法、ラバーカップを使う方法のどちらにも共通する安全にトイレ詰まりを直すための諸注意をご紹介いたします。

電源

・電源プラグを抜いておく
日本では一般的に使用され、多くのご家庭のトイレに備え付け荒れているウォッシュレットの電源を必ず抜いておきましょう。感電を引き起こしてしまう恐れがあります。 また、濡れた手で電源プラグに触るのは大変危険ですので、引き抜く際は、ゴム手袋を着用してください。

止水栓

・止水栓を止める
止水栓が開いた状態で作業をしてしまうと、何らかの拍子でレバーが動いた時に、水が流れ出してしまい、床への浸水で階下まで被害が広がってしまうことがありますので、止水栓は締めておきましょう。
ただしやはり前項でもお伝えしたとおり、すこし錆び気味の止水栓には十分ご注意ください。
すこし「あれ?」と思ったら絶対に触らないことです。

ゴム手袋

・ゴム手袋を装着する
トイレの水には雑菌が多く含まれているので、必ずゴム手袋を装着して作業を行うようにしましょう。手や腕の細かい傷から体内に入り、感染症などを引き起こしてしまうこともあります。

3-3、自分で直せる判断基準

 ご家庭のトイレが詰まった際、軽度の症状であれば、ご自分で直せる場合もございます。ですが、適切な処置ができないとより事態が深刻化してしまいますので、基本的には専門の業者にお願いすることをお勧めいたします。 ご自分で安全に修理する際の判断基準は以下の二つです。

1、つまりの原因が間違いなく紙類であると確信できる時
つまりの原因が、紙類でない場合、お湯を使った方法は意味がないですし、ラバーカップを使った方法でも、詰まった物を更に奥の方へ押し込む、便器内部を傷つけてしまうなどの二次被害を引き起こすことがあります。 つまりの原因が、紙類だと断定できない場合は、迷わず専門の業者に相談しましょう。

2、ゆっくり徐々に、水が引いていく時
便器内部の水がゆっくりと引いていく場合は、何かが詰まってはいるものの、症状が軽い場合が多く、ご家庭で対応できる場合もあります。 ラバーカップやゴム手袋などの必要なものを揃え、細心の注意を払いながら作業に取り掛かりましょう。

・無理やり直そうとすると事態が悪化することも……
これまでなんども触れてきましたが、トイレのつまりをご自分で直そうとして、事態を悪化させてしまうという事例は少なくありません。 便器を取り外しての作業になってしまうと、余計な費用がかかってしまいますので、そうなる前に専門の業者にお任せください。

【3】トイレのつまりは、プロに相談!

3-1、こんな業者にご用心を!
トイレトラブルで気を付けてほしい業者

弊社のサイトをご覧になられている方はすでにご自身のお近くの業者さんや、 他の業者さんなどで検討されている方も多いと思います。

しかし中には悪徳業者もあり、お気を付けてください


①十分な説明なしで追加の工事提案

水漏れの修理を頼んだだけなのに、
便器の交換や配管工事などを勧めたりする。

②料金の説明がない 正確な見積もりを出さない

③水道局を名乗る
水道局から修理を依頼されたと言って、修理代を請求する

④極端に安い価格設定
その他の追加料金を数多く請求し、結果として高い料金を提示してくる。

水道業者を選ぶ際は、基本料金のみで判断せず、修理依頼の前にしっかりと見積もりをしてもらう。


3-2、トイレのトラブルは、すぐに水道救急センターへ!
水道救急センター

水道救急センターは、出張料・見積もり料は無料、さらに、深夜料金、休日料金も発生しないので安心してご依頼いただける上に、各地域の経験豊富なスタッフが、緊急のご依頼にも業界最速で対応できる体制があります。 「一級建築士取得店」「給水装置工事主任技術者取得店」なので、多角的な視点からあなたのあなたのトラブルを解消することができます。 誠心誠意の対応と、トラブル再発防止のサポートなども充実していますので、トラブル発生時にはぜひご連絡ください。


3-3、プロフェッショナルにお任せください。
水道救急センター

トイレのつまりというトラブルは、ご家庭にとっての一大事。 これまでにご紹介した「お湯」や「ラバーカップ」を使ってご自分で直す方法は、一見安上がりに思えますが、事態の悪化を招いてしまうこともあります。 そうなる前に、我々プロッフェショナルにご連絡ください。 つまりの原因、症状に応じて適切な方法で迅速に対応し、トラブルを解決いたします。

【4】トイレをつまらせないための予防策

つまりを発生させないための予防策

この章ではつまりを発生させないための予防策もお伝えしています。 ぜひ、参考にしてみてください。

・「流せる?」シリーズの商品は流さないほうがいい?
「流せるお掃除シート」や「流せるペットの砂」など、便器に流せる製品は近年増えていますが、これらの製品を使用する際にも注意が必要です。 もちろん各製品の説明に書いてあるように、便器に流すことはできますが、トイレットペーパーに比べて、厚手のものが多く、一度に大量に流してしまうとつまりを引き起こす原因となります。基本的には、流せると記載されている製品でもゴミ箱に捨てることをおすすめいたします。特に「流せるペットの砂」シリーズは、詰まった場合、排水管内で凝固して修理費用がかさんでしまう事が多いので、流さないようにしましょう。

・トイレを綺麗にして、異物混入を回避!
ご家庭のトイレに、置物やカレンダー、文房具などを置かれている方も少なくないと思います。しかし、それらが何かの拍子で便器に落ちて、それに気付かずに流してしまうと深刻なつまりを引き起こしてしまいます。 使い捨てカイロや湿布などを落として、そのまま流してしまうというケースもお以外と多いのです。 トイレ周りはできる限り整理し、便器内に物を落とすということがないように心掛けましょう。

・節水術はトイレ以外で!
上記のつまりの原因の節でも触れましたが、現在流行っているトイレタンクにペットボトルを入れるなどの節水術はつまりを引き起こしてしまいます。 トイレにはそれぞれ決まった流水量があるので、その量を節水術で無理やり減らしてしまうと、本来流れるはずの物が流れ切らずに便器の内部に蓄積されてしまい、つまりやすくなってしまいます。


以上をもってコンテンツを終わりにします。
ぜひ参考にしてみてください。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。