トイレを流した時に異音がしたら要注意!

トイレのつまりトラブルはお任せください
トイレを流した時に異音がしたら要注意!

トイレで水を流す際、「いつもと違う音がする……」というような経験はないでしょうか。トイレを流した際の異音は水漏れやトラブルのサインであることが多く、早急な原因確認や対策が必要です。今回はトイレの異音の種類や原因についてご紹介いたします。

トイレで聞こえる異音の種類

トイレのつまりトラブルはお任せください

「チョロチョロ」という異音

トイレから「チョロチョロ」という音が聞こえている場合、それはタンクからの音でないか、タンクに耳を当てて確認してみましょう。

「チョロチョロ」という音は、誰も使っていないトイレから聞こえる場合や、水を流した後に聞こえる場合もあるでしょう。 しかし、まず疑うべきはタンクからの水漏れです。

原因

「チョロチョロ」という音の原因は、タンク内にあるボールタップやフロートバルブが故障している場合が多いです。

まれに、タンク自体やサイフォン管に問題があることもありますので、ボールタップとフロートバルブに異常がない場合は、タンク自体やサイフォン管を疑ってみてください。

直し方

まずは止水栓を締めてください。

その後で、問題のある部品を新品と交換します。
しかし、同じ部品でもさまざまな種類がありますし、交換作業は簡単なようでいて難しい作業です。

間違ったものを買ってしまうと、タンクが閉まらない、タンク内で他の部品とぶつかってしまう、などのミスが起こりますし、ボルトを締めすぎただけでもさらなる水漏れの原因になります。

できるだけ最初から、専門業者に依頼するようにしましょう。

「コポコポ」「ゴボゴボ」という異音

洋式便器の水が溜まっている部分から、「コポコポ」「ゴボゴボ」という異音がすること、ありますよね?

この音にはすごく不安を駆り立てられることでしょう。
実は「コポコポ」「ゴボゴボ」という異音は、水に空気が混ざっている証拠です。

そのため、水の流れ方に異常がなければ問題ないこともありますが、水の流れがいつもより遅いようであれば、排水管のつまりの初期症状と言えます。

原因

つまりの原因で最も多いのがトイレットペーパーです。

その他には、ティッシュペーパーやオムツ、ナプキン、アクセサリー、たばこなどの固形物を流してしまった場合や、間違った節水をしている場合にも、つまりの症状がみられます。

直し方

つまりの原因がトイレットペーパーならば、バケツで大量の水を一気に流す方法や、重曹とクエン酸を使う方法、ラバーカップを使う方法を採ることができます。

しかし、その他のものを流してしまった場合や、原因がわからない場合は、自分で修理を行うとより一層固形物を押し込んでしまう可能性が高いです。

早急に専門業者に依頼することをおすすめします。

また、タンクにペットボトルなどを入れて節水されている場合は、水の量が足りずにうまく流れなくなりますので、中止するようにしましょう。

つまりの直し方に関しては以下の記事にも詳細を記してありますので、ぜひ参考にしてください。

「コンコン」「カンカン」という異音

「コンコン」「カンカン」という異音は、冬になると聞こえることがあります。
この音に関しては、特に問題がありませんので放置していても大丈夫です。

原因

「コンコン」「カンカン」という異音は、冷たくなった配管に、比較的温度のある水が流れることで排水管が膨張し、壁などにぶつかっている音です。

直し方

この音は前述の通り冬場に多く、季節が変わることで収まりますので、特に直す必要はありません。

しかし、音がうるさいと感じる場合は修理業者ではなく、リフォーム会社に相談したほうが良いでしょう。

「シューーーー」という異音

タンク内部で水が落ちていると、トイレから「シューーーー」という異音が発生します。

この場合、タンクが二重構造になっている場合がほとんどです。
タンクの陶器のフタを外してみてください。
さらにプラスチックのフタがある容器があるはずです。

この音がしているときは、水を流しても手洗い管から水が出ないことも多く、タンクに水が溜まるのに時間がかかることもあります。

原因

このタイプのタンクには、流量の調整弁であるダイヤフラムという部品があります。
このダイヤフラムの劣化や故障が、「シューーーー」という異音の原因です。

直し方

トイレの止水栓を締め、ダイヤフラムを新しいものに交換すれば、修理が完了します。

しかし、ダイヤフラムにはさまざまな種類があるため、適合する商品を購入するようにしてください。

違う商品を購入してしまうと、症状の劣化を招きかねません。
不安な場合は、直ちに専門業者に依頼してください。

「ゴー」「ブーーン」という異音

トイレのタンクから「ゴー」「ブーーン」という異音がすることがあります。

かなり大きな音なので耳障りですし、近所の事も考えてしまいますよね?

実はこの音、水漏れなどの急ぐような事ではないのですが、違う音と間違える可能性もありますので、できるだけ早く対応したほうが良いでしょう。

原因

「ゴー」「ブーーン」という異音は、配管内で音が共鳴しているときに起こります。

直し方

トイレタンクのボールタップを交換することで直る場合もありますが、水漏れなど他の原因で音がしている場合もありますので、できるだけ専門業者に依頼してください。

「ゴンッ!」「ガンッ!」という異音(ウォーターハンマー現象)

トイレで水を流すと、誰かに壁を叩かれているような、「ゴンッ!」「ガンッ!」という異音がすることがあります。

この現象は文字通り、「ウォーターハンマー現象」と呼ばれており、台所やお風呂場など水場でならどこでも起こりうる現象です。

原因

「ウォーターハンマー現象」は、水の流れが急激に停止することにより、配管内の圧力が上がることで起こります。

そのため、急に水道を締めた場合によく起こるのですが、人間が急に蛇口を締めるのは限界がありますよね?
実はこの現象、自動で水の制御ができる機械の進歩により、増えてきた現象です。

全自動洗濯機や食洗器、レバー式の蛇口など、便利なものを使う今だからこそ、気を付けるべき現象と言えるでしょう。

直し方

「ウォーターハンマー現象」は、給湯設備や水道管の破損を引き起こすことがあります。
そのため、直ちに専門業者に修理を依頼してください。

特にマンションの場合の水道管工事は、近隣住民にも影響を及ぼしますので、早めの連絡を怠らないようにしましょう。

「ウォーターハンマー現象」は「水撃防止装置」を設置、または新品に交換することで直りますが、場合によっては配管を敷き直すこともあります。

自己判断は危険

トイレのつまりトラブルはお任せください

上記で説明したケースは、一般的な症状例であり、ケースによっては違う場所から水が漏れていたりすることも考えられます。

また、音の聞こえ方には個人差があり、必ずしも記載したような音で聞こえるわけではありません。

「この音はこの症状だから」と、素人判断で異音の原因を決めつけてしまうことは危険です。

「排水管の不具合だからと便器を取り除いたものの、実は違っていた」、「さらにひどい水漏れを起こしてしまった」など、後に予想外のトラブルに繋がる可能性があります。

トイレから異音が聞こえたら、自分で修理するのは控えるようにし、まずは音の箇所や種類を確認し、できるだけ早く業者に問い合わせるようにしてください。

まとめ

今回は、トイレを流した時や、誰もいないトイレから発生する異音の種類や原因、直し方などをご紹介しました。

参考になったでしょうか。

トイレから異音が聞こえたら、まずは慌てずに、どこから発生しているのかを突き止め、原因を明らかにする必要があります。

そして、水漏れを発見したら直ちにトイレの止水栓を締めてください。
また、つまりが発生しそうな場合は、できるだけ早く専門業者に修理を依頼しましょう。

トイレの異音はさまざまな水のトラブルを教えてくれる指針です。

しかし、なかなか明確な原因を見つけるのが困難な場合があります。「おかしいな」と思ったら必ず専門業者に見てもらうようにしましょう。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。