24時間365日 通話無料 0120-245-990

トイレの止水栓の水漏れ修理方法

トイレの止水栓

トイレの水漏れはあらゆる箇所で起こる可能性がありますが、中には止水栓の部分から水漏れが起こるケースもあります。

止水栓からの水漏れは修理方法が一見難しそうですが、実はさほど難しい作業ではなく、プロでなくても問題なく行うことができます。

今回は、トイレの止水栓の水漏れを修理する方法についてお教えいたします。

トイレの止水栓の水漏れ原因

トイレの止水栓の水漏れにはいくつかの原因が考えられますが、もっとも多いのがパッキンの劣化が原因として水漏れが起こるケースです。

止水栓には「コマパッキン」というパッキンが使われています。これは、コマのような形状をした金属製の部品にゴム製のパッキンが付いているものです。

パッキンというのは通常、10年の使用で劣化するとされ、使用を始めてから10年を超えると水漏れの可能性が高まるのです。そのため何年も使用しているトイレの止水栓に関しては、水漏れを起こしていなくともパッキンの劣化状態を確認しておくと水漏れを未然に防ぐことができます。劣化したパッキンの特徴として、ゴムの部分を触ると手に黒い色がつくということが挙げられます。そのように劣化したパッキンは硬化してしまい、役割を果たさなくなってしまうため注意しましょう。

パッキンの劣化以外には、給水管の接続部分のナットが緩んでいたり、止水栓自体の金属部分の故障なども水漏れの原因となる可能性があります。

トイレの止水栓には2タイプがある

トイレの止水栓は、その形状によって大きく2つのタイプに分けることができます。

マイナスタイプ

多くのトイレで見られるのが、マイナスタイプと呼ばれる形状の止水栓です。

これはマイナスドライバーで回せるような一文字のくぼみが、給水管の表面から突起するような形で付いているものになります。

時計回りに回すと閉めることができ、普段は反対に反時計回りに回されて開いている状態になっているはずです。

突起していないものもある

同じマイナスタイプの止水栓でも、トイレによっては突起するような形状になっていないものも存在します。

通常のマイナスタイプの止水栓とは異なって、表面上に一文字のくぼみがあり、そこにマイナスドライバーを挿し込んで時計回りに回すことで、閉めることができるようになっています。

ハンドルタイプ

少数ではありますが、給水管の途中にハンドルのようなものが付いていて、それを手で回して開閉することのできるタイプの止水栓も存在します。これをハンドルタイプと呼びます。

形状としては屋外にある水道の元栓などにおいてよく見られるものですが、トイレの止水栓でもこの形状になっているものがあるのです。マイナスタイプと同じく時計回りに回すことで閉めることができます。

マイナスタイプと比べたハンドルタイプの長所として、マイナスドライバーなどの道具を用いずとも、手で開閉することができるという点が挙げられます。ただし開閉が簡単であることは短所にもなり得ることがあり、例えばトイレ掃除をしている際などちょっとした接触でも回ってしまうことがあります。そのため、「止水栓が知らないうちに閉まっていた」というようなトラブルが起こる場合もあるのです。

止水栓の水漏れの修理方法

修理の前に行うこと

止水栓の水漏れ修理に取りかかる前段階として、いくつか必要な工程があります。

まず、水漏れしている箇所がどこなのかを正しく確認しましょう。漏れている水の量が多い場合には箇所の特定も容易かもしれませんが、少量の水漏れの場合には特定するのにも苦労することがあります。そのような場合に有効な方法として、まずタオルで給水管の表面をくまなく拭き取り、その後で改めて濡れている箇所を探すと見つけやすいです。

水漏れしている箇所を確認できたら、家の水道の元栓を閉めましょう。通常、トイレの修理の際には止水栓を閉めることで新たな水漏れを起こさないようにすることができますが、止水栓からの水漏れの場合には、さらに上流である元栓から閉める必要があるのです。

水道の元栓は、戸建て住宅の場合は玄関先の敷地内の地面に埋まったところにあり、集合住宅の場合は玄関先すぐ横の金属製の扉の中にあります。

給水管の接続部分からの水漏れの修理方法

接続部分から水漏れがある場合、中のパッキンの劣化が原因として挙げられます。そのため、パッキンを新しいものに交換していきましょう。

まずナットを外します。長年外していないと固くなってしまっている場合がありますが、無理に外そうとして給水管自体が破損してしまうような場合もあるため、どうしても外せない場合は専門業者へ相談することをおすすめします。

ナットを外したら、中にコマのような形状をしたパッキンが見えるため、そのパッキンを新しいものと交換しましょう。

止水栓の調節部分からの水漏れの修理方法

止水栓の調節部分から水漏れがある場合、修理方法としてはその部分を交換するというのが一般的です。

止水栓の調節部分のみを交換するという手段と、止水栓そのものを交換するという手段があり、どちらでも水漏れを解消することができます。

おすすめなのは、調節部分のみを交換する手段です。止水栓そのものを交換するとなると、給水管へダメージを与えてしまう可能性が高くなるためです。

修理方法としてはまず、止水栓の調節部分を取り外します。そのままそれを新しいものに交換していくのですが、もしこの時にパッキンの劣化などを見つけた場合は、ついでとして交換しておくとよいでしょう。

まとめ

今回は、トイレのトイレの止水栓の水漏れを修理する方法についてお教えしてきました。

トイレの止水栓の水漏れでは、止水栓の形状のタイプや具体的な水漏れ箇所によって、修理方法も少しずつ異なってきます。

少々手間はかかりますが、業者を呼ばずに自分だけで修理を完了することができるはずです。

止水栓の水漏れに困ったら、ぜひこの記事を参考に自分で修理してみてはいかがでしょうか。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。