トイレの水漏れの原因と解決法とは

トイレの水漏れの原因と解決法とは

水回りの不具合というのは人が生活する上で非常に困るものですよね。

特にトイレはとても重要なもので、そこで水漏れが起きてしまうと生活にとても大きく支障をきたしてしまうと思います。

トイレの水漏れにも様々なケースがあり、水漏れする場所もいろいろ。

ここでは、トイレの水漏れの症状や原因、さらに水漏れへの対策方法などについてまとめていきます。

トイレの水漏れの主な症状

トイレで水漏れが起こっていると判断するには、現在どのような症状が起こっているのかを確認し、見極めるという方法があります。

まずは、トイレで水漏れが起こっている時に見られる症状を見ていきましょう。

水が漏れている

水が漏れるという症状は、トイレの水漏れの症状として最も一般的でわかりやすいなものです。

例えば、便器のひび割れた箇所から水が漏れている場合や、団地やマンションなどのトイレで水を流す時に、縦排水管から水が漏れている場合など、問題がある箇所から直接水が漏れている場合のことで、一目瞭然の症状でもあります。

床が濡れている

目で見て水漏れが確認できない際には、床が濡れているかどうかで判断できます。

雑巾やモップでの水拭きなどを行なっていないのにもかかわらず、床が濡れているという場合には、水漏れの可能性を疑いましょう。

タンク内で水漏れの音がする

トイレを使ってしばらく経っても、タンク内でちょろちょろと水の音がする場合も、水漏れを疑うべき症状です。

便器内にも水漏れが起きている

便器の水を流してしばらく経っても便器内の水が揺れている場合は、便器内にタンクの水が常に漏れている状態だと考えるべきでしょう。

パイプ接続部分からの水漏れ

湿気もないのにパイプが湿っている、あるいはパイプの接続部分が濡れている、パイプの下の床が濡れているなどの場合は、パイプあるいはパイプの接続部分から水漏れしている可能性が高いです。

便器本体のひび割れによる水漏れ

便器にひび割れが起こると、便器内に溜まっている水が漏れてしまうのは当然のことです。

この症状ももちろん、水漏れに該当します。

トイレの水漏れの主な原因

前述のようなトイレの水漏れが起きてしまう原因とは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

ここで詳しく見ていきましょう。

接続部分の劣化

トイレを長い年数に渡って使用していると、排水管を接続するパッキンやナット部分、またはゴムホースなどが劣化し、水漏れが起きてしまう可能性があります。

トイレのこれらの部品はあくまで消耗品であり、長い年数使用し続けると破損してしまうということは、知っておいた方が良いでしょう。

オーバーフロー管の不具合

タンク内にあるオーバーフロー管の不具合で、水を排出できなくなってしまうことがあります。

この場合は、トイレタンクの蓋部分から水が溢れ出てしまう可能性が考えられます。

ひび割れ

陶器製であるトイレというのは、力や衝撃が加わることによってひび割れを起こしてしまう可能性があります。

そして、そのひび割れした部分から水漏れしてしまう場合があるのです。

ひび割れのあるトイレは強度も落ちてしまうため、すぐに対処することが必要でしょう。

取り付けの不備

トイレ自体の取り付けや取り外しに不備があった場合、それが原因で水漏れが起こってしまうこともあります。

これは特に、ウォシュレットなどの温水洗浄式のトイレに起こりやすい原因です。

水漏れを放置するリスク

トイレに限らず、水漏れが起きたらすぐに対処しなければなりません。

なぜなら、水漏れの放置には以下のようなデメリットがあるからです。

水漏れが悪化

水漏れは、放置すると必ず悪化します。

例えば、便器のひび割れで水漏れが起きた場合、水圧により少しずつひび割れが大きくなるのは想像できることです。

そのため、より大量の水が漏れてしまい、最終的には便器の形を保てなくなるでしょう。

部品の破損や劣化によって水漏れしている場合も同様で、水圧が破損部分を広げてしまうため、水漏れが悪化してしまいます。

水漏れが悪化すると、漏れる水の量が増えるだけではなく、修理費も高くついてしまうでしょう。

水道料金の上昇

水漏れをしても直ちに対処したうえ、所定の決まりをクリアしていれば、水道料金の減免が適用されます。

しかし、放置した場合はこの限りではありません

また、所定の決まりをクリアしていない水漏れの場合は、当然自腹で水道代を払わなくてはなりません。

貯溜水が少ないタイプの洋式便器に、少しだけ水が漏れている場合でさえ、1ヶ月につき約7,600円の損失です。

貯溜水が多いタイプの洋式便器だと、水面がわずかに動く程度でも約74,500円の出費が毎月続きます

これを払い続けるのは現実的ではないため、水漏れを放置してはいけません。

【参考URL】 東京都水道局:「くらしと水道」
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/trouble/rousui.html

カビやダニの繁殖

カビやダニの繁殖

水漏れを放置すると、床や壁にカビが繁殖します。 そして、カビを餌にするダニも増えてしまうでしょう。

これらは見た目や臭いに不快感を覚えるだけではなく、人体に多大な影響を与える可能性が否めません。

カビは空気中に漂ってしまうため、人間が肺の中に取り込んでしまい、ぜんそくや鼻炎、かゆみや過敏性肺炎、アレルギー性結膜炎などのアレルギー症状を引き起こします

さらに、気管支肺アスペルギルス症や虫歯、水虫やクリプトコッカス症、癜風(でんぷう)などの感染症に陥ることも多いです。

特にクリプトコッカス症は真菌感染症として国内で最も頻度が高く、中枢神経系に播種してしまうと、命に危険があります

他にも食中毒や肝障害、流産を引き起こすカビも存在しているため、人体には悪影響しかありません

ダニに関しても、上記のようなアレルギー症状が出ることに加え、噛まれた部分から細菌が入り、悪化することも考えられます。

そのため、カビやダニの繁殖は人体にとって、とても恐ろしいことです。

水漏れをすぐに修理するだけで回避できる問題なので、放置することのないようにしてください。

集合住宅の場合は近隣被害にも

一戸建てで水漏れを放置すると、床材や柱などの腐敗が始まり、さらにはシロアリの発生をも誘発します。

そして、集合住宅の場合はこれらの被害に加えて、近隣、特に階下の部屋への影響が多大なものになるでしょう。

それは、カビやダニ、材木の腐敗は自分の部屋だけにとどまらず、近隣や階下にも影響を与えます。

そのうえ、特に階下の部屋にある家財道具や電化製品が、湿気や水気によりダメになってしまうからです。

そして、万が一近隣や階下の部屋に住めなくなった場合は、ホテル代や引越し費用も負担しなめればなりません。

保険を使って被害額を賠償する場合は、使えなくなった家財道具などを、賠償責任を終えるまで加害者宅で預からなければならないこともあり、水漏れを起こした側の負担は相当なものです。

そのため、中には訴訟に発展することもあり、その場合の損害賠償額はかなり多額なものになるでしょう。

水漏れの放置は悪いことばかりです。

絶対に放置はせず、すぐに対処するようにしましょう

トイレの水漏れの修理方法

トイレの水漏れを対処するには、まずは応急処置を順番に行うことが大切です。

その後で、個別の水漏れ個所を確認していきましょう。

応急処置

まずは、水漏れをこれ以上ひどくしないために、応急処置をほどこしましょう。

水を止める

リモコンやレバーなどで水が流しっぱなしになっている場合は、まず水を止めてください。

止水栓を締める

これは、トイレに限らず水回りの修理全てにおいて必須の工程です。

止水栓とは水道からトイレに供給される水をせき止めるためのもので、トイレタンクからトイレの壁へと伸びている給水管の中ほどにあります。

マイナスドライバーで回すことができるような一文字のくぼみがあるためか、ハンドルがついている、あるいは内側にマイナス型の溝があるかのどれかに該当するため、分かりやすいでしょう。

基本的にはそのくぼみにマイナスドライバーや専門工具を挿し込み、右に回すことで止水栓が締まります。

止水栓は、場合によっては固くて回しづらいことがありますが、そのような際にはより力の伝わる器具で代用することも可能です。

また、どうしても締めることができない場合には、トイレではなく家自体の水道の元栓を締めてしまうことでも水の供給を防ぐことができます。

元栓は、一軒家の場合は玄関先などの敷地内の地面に埋まった位置にあり、マンションなどの場合は玄関の横の小さな扉の中にあるでしょう。

水漏れ箇所を特定する

次に、水漏れがどこから発生しているかを特定します。

タンク内や給水管、便器などを確認し、損傷や不具合があれば問題箇所としてピックアップしましょう。

給水管や排水管から水漏れがある場合

トイレの外側には、給水管や排水管、また手洗い管などといったパイプがいくつかあります。

このパイプ付近からの水漏れはとても多く起こります

これらの水漏れ原因は、接続部分のパッキンの劣化やナットの緩みなどが大半です。

応急処置が終わって、給水管や排水管から水漏れがあると判ったら、給水管や排水管の修理を、以下のような手順でやってみてください。

必要な道具

給水管や排水管の修理には、以下の道具が必要です。

  • バケツ
  • 雑巾
  • ドライバー
  • ウォーターポンププライヤー
  • モンキーレンチ
  • 雑巾

これに加えて、必要があれば新しいパッキンを購入してください。

パッキンは同じ型番のものを使いましょう。

1.トイレの止水栓を締める

前述の通り、トイレの止水栓を締めれば、水漏れが一時的に止まります。

作業前に必ず行うようにしてください。

2.水漏れしている接続部分を分解する

まず分解する前に、作業箇所の下にバケツを用意しておきましょう。

これは分解の際に管の内部の水が床に落ちてしまう可能性があるためです。

また、万が一水が飛び散った際にそれを拭くための雑巾も用意しておくとよいでしょう。

準備ができたら、まずは水が漏れ出している箇所のナットやバルブを締めてみてください。

もし緩みがあって締まるようであれば、それが水漏れの原因であったと考えられます。

ナットやバルブがしっかりと締まっていたようであれば、内部のパッキンが劣化により止水機能を損なっている可能性が高いです。

反対に緩めて分解し、パッキンを新しいものに交換しましょう。

3.分解したものをもとに戻す

パッキンを新しいものに交換したら、バルブやナットを締め直していきます。

このとき、締めすぎるとさらなる水漏れを起こす場合がありますので、心配な場合は都度、止水栓を開いて確認してください。

バルブなどを締め終わったら止水栓を再び開き、作業を始める前の状態に戻しましょう。

確認として、止水栓を開いてから一度トイレの水洗レバーをひねって水を流してみると、水漏れが直ったかどうかが明確に分かります。

>> 止水栓から水漏れしている場合はこちら

トイレタンクの内部で水漏れがある場合

トイレタンク内部の水漏れは意外と多い症状で、トイレタンクの中からちょろちょろと、水の流れるような音が聞こえることが多いです。

トイレタンクの内部での水漏れは、主に2パターンにわけられます。

それは、タンク内の水位がオーバーフロー管の先端よりも高い位置にきてしまっている場合と、タンクの底の排水弁であるゴムフロートが正常に機能していない場合です。

自分で修理が可能なので、以下の手順で行なっていきましょう。

1.トイレの止水栓を締める

前述の通り、まずはトイレの止水栓を締めます。

2.水漏れの原因箇所を調べる

先に述べた通り、トイレタンクの内部の水漏れは2パターンの原因が考えられます。

水位がオーバーフロー管の先端を超えたことにより、オーバーフロー管から便器内に水が流れ込んでいるのか、あるいはゴムフロートが排水弁としての止水の機能を損なっているために水が便器内に流れ込んでいるのか、しっかりと原因を突き止めましょう

原因かによって漏れ出てしまっている水の通り道が違うため、そこに着目すると分かりやすいかもしれません。

ただし、場合によっては両方の不具合が起きていることがあるため、注意深く観察することをおすすめします。

3.水漏れの原因箇所を修理する

オーバーフロー管とゴムフロート、どちらからの水漏れかによって修理方法が異なるため、それぞれ解説していきましょう。

オーバーフロー管からの水漏れ

トイレタンク内の水位がオーバーフロー管よりも高い位置にきている場合、まずは聞こえる音を確認します。

水が1滴ずつポタポタと垂れている音がするのであれば、ボールタップの中のピストンバルブが劣化している可能性があります。

タンク内への給水を行っているのがボールタップですが、ピストンバルブが劣化していると止水の機能が果たせず、少しずつ水が漏れ出てしまうのです。

その場合はパッキンを新しいものに交換しましょう。

また、ボールタップの浮き玉に不具合が生じている可能性も考えられます。

浮き玉を持ち上げると水漏れが止まる場合は、浮き玉もしくは付随する支持棒やチェーンの不具合かもしれません。

原因に応じて適切な部品を交換対応する必要があります。

ゴムフロートからの水漏れ

ゴムフロートは、トイレタンクの底部分にある止水弁の役割を果たすゴム製の部品です。

水洗レバーをひねることで持ち上げられ、便器内へ水が流れる仕組みになっています。

このゴムフロートが元の位置に戻らなくなったり、間に異物が挟まってしまうと、止水の機能を果たすことができなくなり、便器内に水が漏れ出てしまうのです。

またそのほかに、水洗レバーとゴムフロートをつなぐチェーンが絡まってしまっている場合などでも、水漏れが起こり得ます。

これらはどれも複雑な不具合ではないため、各部位をチェックし、原因となる箇所の修理を行うことで水漏れを解消することができるでしょう。

4.トイレの止水栓を開ける

修理後、水漏れが止まったことを確認したら、最初に締めたトイレの止水栓を再び開きます。

止水栓を開けたら念のため再度、水漏れが止まっていることを確認しましょう。

チェックポイントとしては、水の流れる音が止まっているか否か、トイレタンク内の水位が正常かどうかなどです。

トイレの床が濡れている場合

トイレの床が濡れているという症状の場合、原因として考えられるのは以下の3つです。

  • トイレタンクや便器などの陶器部分にヒビや割れがある
  • 給水管や排水管が破損している
  • 便器と排水管の接続に不具合がある

このうち上の2つは修理業者による修理が必要であり、自分で修理をするのは困難なため、修理業者へ依頼をしましょう。

便器と排水管の接続の不具合に関しては、専門的な道具を用意する必要があるものの、作業自体は素人でもできる範囲であるため、自分で修理するという手もあります。

以下でその手順を確認していきましょう。

ただし、便器はかなり重たいため、怪我や損壊のリスクがあり、あまりおすすめできる作業ではありません

自信のない方は修理業者に依頼してください。

必要な道具

必要な道具

便器と排水管の接続の不具合を修理するには、以下の道具が必要です。

  • モンキーレンチ
  • スパナ
  • ドライバー
  • 灯油などに使うポンプ
  • バケツ
  • 雑巾
  • マスク
  • ビニール手袋
  • 塩ビパイプ用のこぎり
  • 塩ビ用ボンド
  • テープ(仮止め用)
  • 配水管用シールテープ
  • ライト

必ずマスクとビニール手袋を着用し、作業を開始してください。

1.トイレの止水栓を締める

まずは例のごとく、トイレの止水栓をあらかじめ締めておきます。

2.トイレ内の全ての水を抜く

止水栓を締めて給水がされない状態をつくったら、トイレ内のすべての水を抜きます

トイレタンクと便器内の水を抜くことになりますが、上から順にまずはトイレタンク内の水を抜き、その次に便器内の水を抜いていくという流れです。

便器の奥の方の水はなかなか抜くのが難しいかと思いますが、灯油などに使うポンプとバケツを使い、奥の方の水をバケツに排出していきましょう。

このとき、トイレットペーパーや汚物が残っていると、ポンプがつまってしまうため、事前にラバーカップなどで取り除いてください

3.便器を床から取り外す

壁からトイレタンクへ伸びている給水管を外します。

その上で、床に便器を固定しているボルトを外してください。

白く突起のような形状になっているプラスチックカバーを外し、ナット2つとその下に固定してあるビス2つを外します。

万が一ナットやビスが腐食していたら、ナットブレーカーで割ってください。

4.水漏れの原因箇所を修理する

便器とその下の排水管は、プラスチック製の「フランジ」という部品で接続されています。

そして水漏れの原因となるのは、その溝にある「フランジパテ」という部品の劣化です。

ホームセンターやネットなどで新しいフランジパテを購入し、交換していきましょう。

まずは取り付けられている劣化したフランジパテを、ドライバーなどを用いて取り外します。

フランジパテは固くなってこびりついているはずです。
しっかりとかつ、きれいに除去する必要があるため、落ち着いて作業してください。

古いものを完全に取り除いたら、新しいものを同じように取り付けましょう。

5.便器を再び取り付ける

取り外した便器を、先ほどとは逆の手順で再び床に取り付けていきます。

まずは便器を元の位置に戻し、ボルトとビスを取り付けてください。

そしてトイレタンクに給水管を接続させ、最後に再び止水栓を開きましょう。

確認として水を流してみて、床への水漏れが解消されていれば、完了です。

トイレ水漏れ修理の際の注意点

トイレの水漏れを修理する前に、行っておくべきことが2点あります。

それは、水をしっかり拭き取ることと、結露対策も行うことです。

これらをしっかり行っておけば、修理中の事故を減らし、水漏れと結露の見間違えも緩和されます。

水をしっかり拭き取る

床が濡れている状態の場合、とても滑りやすく危険です。

修理の際に転倒などしないよう、雑巾やモップなどでしっかり水気を拭き取っておくようにしましょう。

結露対策も行う

トイレは空間内の湿度などによっては、結露する場合があります。

トイレが結露しているのを水漏れと勘違いしてしまうというケースもあるため、換気などをしっかり行って湿気を防ぎましょう。

結露しているのをそのまま放置してしまうと、カビが生えてしまう原因にもなるため、注意が必要です。

自宅での修理が難しいと感じたら

これまで記載した修理は、素人でも可能ではありますが、簡単ではありません

水漏れ箇所の特定はプロでなければ難しい作業なうえ、バルブなどを締めすぎると、管内で圧力が増し、水漏れが酷くなることもあります。

また、パッキンなどの部品は、見た目が同じように見えるだけでは使えません。 少しでも違うものだとさらなる水漏れを起こすため、必ず同じ型番のものを購入する必要があります。

そして、前述の通り便器やタンクはとても重たい陶器です。

タンクの蓋でさえ、意外と重いため、>少しでも難しいと感じたら自分で修理することを避け、修理業者に依頼

してください。

応急処置

修理業者に連絡する前に、応急処置を行いましょう。

トイレの止水栓を締め、ウォシュレットや暖房便座の電源を抜いてください。

そして、水漏れ箇所の特定を行ってから、修理業者に連絡しましょう。

ただし、水漏れ箇所が特定できなければ、無理に探すことはせず、直ちに修理業者に連絡してください。

修理業者に連絡

応急処置が終わったら、修理業者に連絡します。

修理業者を選ぶ際は、ホームページがあるか否か、更新がまめに行われているかどうかもチェック基準のひとつです。

チラシだけで判断をせず、必ずホームページを見てください。

きちんとしたホームページとは言えない場合は、業者のある住所を調べてみましょう。 偽の住所や住宅であった場合は、悪徳業者の可能性が高いです。

そして、ホームページで修理実績や料金表が載っているか否か、固定電話の番号が記載されているか否かも確認し、絞り込んでください。

修理業者への連絡は、電話だけではなく、メールやLINEでも受け付けている業者もあります。

自分で連絡しやすい方法を選びましょう。

修理業者へは個人情報はもちろん、水漏れ箇所や水漏れレベルなど、できるだけ詳しく伝えると、後の作業がスムーズです。

電話連絡の段階で簡単な見積もりも教えてもらえるので、この段階で他の業者と比較することもできます

修理料金の相場

トイレの水漏れ修理には、以下のような相場があります。

急がない場合は、最低でも3つの修理業者に見積もりを依頼し、比較検討すると良いでしょう。

そして、以下の料金には部品代や清掃費なども込められていますが、別途基本料金が平均5,000円かかることを覚えておいてください。

作業内容 作業料金
パッキン交換1,000円~
水漏れ修理軽作業4,000円~
その他部品交換1,000円~
給水管加工5,000円~
タンク内部品交換(タンク脱着無し)6,000円~
タンク内部品交換(タンク脱着有り)8,000円~
タンク交換50,000円~120,000円

以上のような料金を目安に契約し、これよりも大幅に安い業者は、悪徳業者の可能性があるため、申し込まないようにしましょう。

なぜなら、悪徳業者は安い値段でお客を釣り、後から莫大な金額を請求する手口だからです。

もし、安い業者を家に招いてしまった場合は、以下のような素振りに注意をしてください。

  • 明細もなしに金額を提示する
  • 見積もりを作る前から修理を始める
  • 高額になるタンクや便器などの取り換えを強く迫る
  • 不要に思える作業をする
  • 制服を着ていない
  • 明細に住所や電話番号が記載されていない

上記のいずれかに該当する場合は、悪徳業者の可能性が高いと言えます。

契約を急がせる素振りがあったら、すぐに作業を断るようにしましょう

まとめ

まとめ

トイレの水漏れやそれによって床が濡れてしまっているなどの症状には、さまざまな原因が考えられます。

これらは、外側からの処置や部品交換などによって対策することができますが、できるだけ修理業者に依頼するようにしましょう。

ただし、水漏れや床が濡れているなどの症状を見つけたら、直ちにトイレの止水栓を締め、ウォシュレットや暖房便座の電源を抜くことが優先です。

そして、水漏れなどの原因箇所を見つけてから、修理業者に依頼しましょう。

修理業者を選ぶ際は、急がずにきちんと確認をし、金額に納得できる業者を選んでください。

ライフサポートでは、携帯電話でも使えるフリーダイヤルと、メールでのご相談に対応しています。

修理後は、簡単なメンテナンス方法もご案内していますので、再発を防ぐことも可能です。

点検や見積もりは無料なので、少しでもお困りの際はお気軽にご連絡ください。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。