24時間365日 通話無料 0120-245-990

トイレの水漏れの原因と解決法とは

トイレの水漏れの原因と解決法とは

水回りの不具合というのは人が生活する上で非常に困るものですよね。

特にトイレはとても重要なもので、そこで水漏れが起きてしまうと生活にとても大きく支障をきたしてしまうと思います。

トイレの水漏れにも様々なケースがあり、水漏れする場所もいろいろ。

ここでは、トイレの水漏れの症状や原因、さらに水漏れへの対策方法などについてまとめていきます。

水漏れのおもな症状

トイレで水漏れが起こっていると判断するには、起こっている症状で見極めるという方法があります。

ここではトイレで水漏れが起こっている時に見られる症状を見ていきましょう。

水が漏れている

水が漏れるというのは、そのままですがトイレの水漏れの症状として最も一般的なものです。

便器のひび割れた箇所から水が漏れていたり、水を下へ流す時に立て排水管から水が漏れていたりなど、問題がある箇所から直接水が漏れている場合であり、わかりやすい症状でもあります。

床が濡れている

目で見て水漏れが確認できない際には、床が濡れているかどうかで判断できます。

雑巾やモップでの水拭きなどを行なっていないのにもかかわらず床が濡れているという場合には、水漏れの可能性があるため疑うことが必要です。

水漏れのおもな原因

では、トイレの水漏れが起きてしまう原因とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

ここで詳しく見ていきましょう。

接続部分の劣化

トイレを長い年数に渡って使用していると、排水管を接続するパッキンやナット部分、またはゴムホースなどが劣化し、水漏れが起きてしまう可能性があります。

トイレのこれらの部品はあくまで消耗品であり、長い年数使用し続けると破損してしまうことがあるということは知っておいた方が良いでしょう。

オーバーフロー管の不具合

オーバーフロー管の不具合で水を排出できなくなってしまうことがあります。

この場合に、トイレタンクの蓋部分から水が溢れ出てしまう可能性が考えられます。

ひび割れ

陶器製であるトイレというのは、力や衝撃が加わることによってひび割れを起こしてしまう可能性があります。

そしてそのひび割れした部分から水漏れしてしまう場合があるのです。

ひび割れのあるトイレは強度も落ちてしまうため、すぐに対処することが必要でしょう。

取り付けの不備

トイレ自体の取り付けや取り外しに不備があった場合、それが原因で水漏れが起こってしまうこともあります。

これは特に、温水洗浄式のトイレに起こりやすい原因として知られています。

水漏れに有効な対策

水漏れが起きてしまった際に行うべき、有効な対策についてお話しします。

まずはその前に、水漏れ修理の前の準備をします。トイレタンクの付近から水漏れしている可能性が高い場合には、マイナスドライバーを用いて止水栓を止め、どの箇所から水漏れが起こっているのかということを明らかにしましょう。水漏れしている量が多い場合には、スポイトなどを用いて水を吸い上げ、水の量を減らしてから作業することをおすすめします。

では水漏れに有効な対策をいくつか確認していきましょう。

外側の応急処置をする

軽い程度の水漏れであった場合、外側からの応急処置をすることで一時的ではありますが水漏れを抑えることができます。

具体的な方法としては、

  • 水漏れしている箇所を融着テープで何回か巻きつける
  • 水漏れしているヒビが入った箇所をコーキング材やパテなどを用いて塞ぐ
  • 水漏れしている箇所の下にバケツを設置する

などが挙げられます。

部品交換をする

トイレの内側の部品が劣化してしまっている場合、例えばバルブの交換を行うだけで水漏れがなくなるケースもあります。

内側の部品に関しては市販で手に入れられるものもあるため、十分にセルフリペアができます。

トイレタンク自体を交換する

大きく損傷してしまっているトイレタンクに関しては、タンクごと取り替えなければいけない可能性もあります。

~水漏れ対策に活用できる道具~

トイレの水漏れが起こってしまった際には、さまざまな道具やグッズが役に立つ場合があります。

以下のような道具を、状況によって使い分けましょう。

  • 水漏れ用テープ
  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ
  • ウォーターポンププライヤー

水漏れ修理の際の注意点

水をしっかり拭き取る

床が濡れている状態の場合、とても滑りやすく危険です。修理の際に転倒などしてしまわないよう、雑巾やモップなどでしっかり水気を拭き取っておくようにしましょう。

結露対策も行う

トイレは空間内の湿度などによっては、結露する場合があります。

トイレが結露しているのを水漏れと勘違いしてしまうというケースもあるため、換気などをしっかり行って湿気を防ぎましょう。

結露しているのをそのまま放置してしまうと、カビが生えてしまう原因にもなるため周囲が必要です。

まとめ

トイレの水漏れやそれによって床が濡れてしまっているなどの症状には、さまざまな原因が考えられます。

外側からの処置や部品交換などによって対策することができ、業者による修理が入るまでの応急処置などとしても効果的です。

トイレの水漏れは非常に困ってしまう状況ですが、そのような時こそ冷静な措置をとりましょう。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。