24時間365日 通話無料 0120-245-990

トイレの水漏れの原因と解決法とは

トイレの水漏れの原因と解決法とは

水回りの不具合というのは人が生活する上で非常に困るものですよね。

特にトイレはとても重要なもので、そこで水漏れが起きてしまうと生活にとても大きく支障をきたしてしまうと思います。

トイレの水漏れにも様々なケースがあり、水漏れする場所もいろいろ。

ここでは、トイレの水漏れの症状や原因、さらに水漏れへの対策方法などについてまとめていきます。

トイレの水漏れの主な症状

トイレで水漏れが起こっていると判断するには、起こっている症状で見極めるという方法があります。

ここではトイレで水漏れが起こっている時に見られる症状を見ていきましょう。

水が漏れている

水が漏れるというのは、そのままですがトイレの水漏れの症状として最も一般的なものです。

便器のひび割れた箇所から水が漏れていたり、水を下へ流す時に立て排水管から水が漏れていたりなど、問題がある箇所から直接水が漏れている場合であり、わかりやすい症状でもあります。

床が濡れている

目で見て水漏れが確認できない際には、床が濡れているかどうかで判断できます。

雑巾やモップでの水拭きなどを行なっていないのにもかかわらず床が濡れているという場合には、水漏れの可能性があるため疑うことが必要です。

トイレの水漏れの主な原因

では、トイレの水漏れが起きてしまう原因とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

ここで詳しく見ていきましょう。

接続部分の劣化

トイレを長い年数に渡って使用していると、排水管を接続するパッキンやナット部分、またはゴムホースなどが劣化し、水漏れが起きてしまう可能性があります。

トイレのこれらの部品はあくまで消耗品であり、長い年数使用し続けると破損してしまうことがあるということは知っておいた方が良いでしょう。

オーバーフロー管の不具合

オーバーフロー管の不具合で水を排出できなくなってしまうことがあります。

この場合に、トイレタンクの蓋部分から水が溢れ出てしまう可能性が考えられます。

ひび割れ

陶器製であるトイレというのは、力や衝撃が加わることによってひび割れを起こしてしまう可能性があります。

そしてそのひび割れした部分から水漏れしてしまう場合があるのです。

ひび割れのあるトイレは強度も落ちてしまうため、すぐに対処することが必要でしょう。

取り付けの不備

トイレ自体の取り付けや取り外しに不備があった場合、それが原因で水漏れが起こってしまうこともあります。

これは特に、温水洗浄式のトイレに起こりやすい原因として知られています。

トイレの水漏れの修理方法

給水管や排水管から水漏れがある場合

トイレの外側には、給水管や排水管、また手洗い管などといったパイプがいくつかあります。
このパイプ付近からの水漏れはとても多く起こります。特に、接続部分のパッキンの劣化やナットの緩みなどが原因で水漏れが起こることが非常に多いのです。

給水管や排水管の修理はさほど難しくないため、以下のような手順で自分で行うことができます。

1.トイレの止水栓を閉める

これはトイレに限らず水回りの修理全てにおいて必須の工程ですが、まず初めに止水栓を閉めて水の供給を断つ必要があります。
止水栓とは水道からトイレに供給される水をせき止めるためのもので、トイレタンクからトイレの壁へと伸びている給水管の中ほどにあります。マイナスドライバーで回すことができるような一文字のくぼみがあるため、分かりやすくなっているはずです。

基本的にはそのくぼみにマイナスドライバーを挿し込み、右に回すことで止水栓が閉まります。場合によっては固くて回しづらいことがありますが、そのような際にはより力の伝わる器具で代用することもできます。

また、どうしても閉めることのできない場合には、トイレではなく家自体の水道の元栓を閉めてしまうことでも水の供給を防ぐことができるため、有効な手段と言えます。元栓は、一軒家の場合は玄関先などの敷地内の地面に埋まった位置にあり、マンションなどの場合は玄関の横の小さな扉の中にあります。

2.水漏れしている接続部分を分解する

まず分解する前に、作業箇所の下にバケツを用意しておきましょう。これは分解の際に管の内部の水が床に落ちてしまう可能性があるためです。また、万が一水が飛び散った際にそれを拭くための雑巾も用意しておくとよいでしょう。

準備ができたら、まずは水が漏れ出している箇所のナットやバルブを締めてみましょう。もし緩みがあって締まるようであれば、それが水漏れの原因であったと考えられます。

ナットやバルブがしっかりと締まっていたようであれば、内部のパッキンが劣化により止水機能を損なっていることが考えられます。反対に緩めて分解し、パッキンを新しいものに交換しましょう。

3.分解したものを元に戻す

パッキンを新しいものに交換したら、バルブやナットを締め直していきます。
しっかり締めたら止水栓を再び開き、作業を始める前の状態に戻しましょう。

確認として、止水栓を開いてから一度トイレの水洗レバーをひねって水を流してみると、水漏れが直ったかどうかが明確に分かりますね。

トイレタンクの内部で水漏れがある場合

トイレタンクの内部での水漏れも、とても多い症状です。特徴としては、トイレタンクの中からちょろちょろと水の流れるような音が聞こえることが多いです。
トイレタンクの内部での水漏れは主に2パターンで、タンク内の水位がオーバーフロー管の先端よりも高い位置にきてしまっている場合と、タンクの底の排水弁であるゴムフロートが正常に機能していない場合があります。

自分での修理も可能ですので、以下の手順で行なっていきましょう。

1.トイレの止水栓を閉める

先述の「給水管や排水管から水漏れがある場合」と同様、まずはトイレの止水栓を締めます。

2.水漏れの原因箇所を調べる

先に述べた通り、トイレタンクの内部の水漏れは2パターンの原因が考えられます。

水位がオーバーフロー管の先端を超えたことにより、オーバーフロー管から便器内に水が流れ込んでいるのか、あるいはゴムフロートが排水弁としての止水の機能を損なっているために水が便器内に流れ込んでいるのか、しっかりと原因を突き止めましょう。

どちらの原因かによって漏れ出てしまっている水の通り道が違うため、そこに着目すると分かりやすいかもしれません。ただし場合によってはどちらの不具合も起きていることがあるため、注意深く観察することをおすすめします。

3.水漏れの原因箇所を修理する

オーバーフロー管とゴムフロート、どちらからの水漏れかによって修理方法が異なるため、それぞれ見ていきましょう。

オーバーフロー管からの水漏れ

トイレタンク内の水位がオーバーフロー管よりも高い位置にきている場合、まずは聞こえる音を確認します。

水が1滴ずつポタポタと垂れている音がするのであれば、ボールタップの中のピストンバルブが劣化している可能性があります。タンク内への給水を行っているのがボールタップですが、ピストンバルブが劣化していると止水の機能が果たせず、少しずつ水が漏れ出てしまうのです。その場合はパッキンを新しいものに交換しましょう。

また、ボールタップの浮き玉に不具合が生じている可能性も考えられます。浮き玉を少し持ち上げてみて、もし水漏れが止まる場合は浮き玉もしくは付随する支持棒やチェーンの不具合であるかもしれません。

原因に応じて適切な部品を交換対応する必要があります。

ゴムフロートからの水漏れ

ゴムフロートはトイレタンクの底部分にある止水弁の役割を果たすゴム製の部品です。水洗レバーをひねることで持ち上げられ、便器内へ水が流れる仕組みになっています。

このゴムフロートが元の位置に戻らなくなったり、間に異物が挟まってしまっていたりすると、止水の機能を果たすことができなくなり、便器内に水が漏れ出てしまうのです。

またそのほかに、水洗レバーとゴムフロートをつなぐチェーンが絡まってしまっているなどの原因でも水漏れが起こり得ます。

これらはどれも複雑な不具合ではないため、各部位をチェックし、原因となる箇所の修理を行うことで水漏れを解消することができるでしょう。

4.トイレの止水栓を開ける

修理後、水漏れが治まったことを確認したら、最初に閉めたトイレの止水栓を再び開きます。
止水栓を開けたら念のため再度、水漏れが治まっていることを確認しましょう。チェックポイントとしては、水の流れる音がしないかや、トイレタンク内の水位が正常かどうかなどです。

トイレの床が濡れている場合

トイレの床が濡れているという症状の場合、原因として考えられるのは以下の3つです。

  • トイレタンクや便器などの陶器部分にヒビや割れがある
  • 給水管や排水管が破損している
  • 便器と排水管の接続に不具合がある

このうち上の2つは専門業者による修理が必要であり、自分で修理をするのは困難なため、水道業者へ修理の依頼をしましょう。
一番下の接続の不具合に関しては、専門的な道具を用意する必要があるものの、作業自体は素人でもできる範囲であるため、自分で修理するという手もあります。以下でその手順を確認していきましょう。

1.トイレの止水栓を閉める

まずは例のごとく、トイレの止水栓をあらかじめ閉めておきます。

2.トイレ内のすべての水を抜く

止水栓を閉めて給水がされない状態をつくったら、トイレ内のすべての水を抜いていきます。

トイレタンクと便器内の水を抜くことになりますが、上から順にまずはトイレタンク内の水を抜き、その次に便器内の水を抜いていくという流れです。
便器の奥の方の水はなかなか抜くのが難しいかと思いますが、灯油などに使うポンプとバケツを使い、奥の方の水をバケツに排出していきましょう。

3.便器を床から取り外す

あらかじめ壁からトイレタンクへ伸びている給水管を外しておきます。

その上で、床に便器を固定しているボルトを外していきます。このボルトは便器の底の向かって奥の方に左右2つ、カバーに覆われて取り付けられています。 白く突起のような形状になっているカバーを外すとボルトが見えるため、モンキーレンチなどの道具を使って取り外しましょう。まずはナットを外し、さらにその下に固定してあるビスを外します。

これで便器を床から取り外せるようになるので、やや横にずらして修理するスペースを空けます。

4.水漏れの原因箇所を修理する

便器とその下の排水管は、プラスチック製の「フランジ」という部品で接続されています。そして水漏れの原因となるのは、その溝にある「フランジパテ」という部品の劣化です。

ホームセンターやネットなどで新しいフランジパテを購入し、交換していきましょう。

まずは取り付けられている劣化したフランジパテをドライバーなどを用いて取り外します。フランジパテは固くなってこびりついているため、しっかり綺麗に除去する必要があります。古いものを完全に取り除いたら、新しいものを同じように取り付けましょう。

5.便器を再び床に取り付ける

取り外した便器を、先ほどとは逆の手順で再び床に取り付けていきます。
まずは便器とを元の位置に戻し、ボルトを取り付けます。そしてトイレタンクに給水管を接続させ、最後に再び止水栓を開きましょう。

確認として水を流してみて、床への水漏れが解消されていれば、完了となります。

トイレの水漏れ修理の際の注意点

水をしっかり拭き取る

床が濡れている状態の場合、とても滑りやすく危険です。修理の際に転倒などしてしまわないよう、雑巾やモップなどでしっかり水気を拭き取っておくようにしましょう。

結露対策も行う

トイレは空間内の湿度などによっては、結露する場合があります。

トイレが結露しているのを水漏れと勘違いしてしまうというケースもあるため、換気などをしっかり行って湿気を防ぎましょう。

結露しているのをそのまま放置してしまうと、カビが生えてしまう原因にもなるため周囲が必要です。

まとめ

トイレの水漏れやそれによって床が濡れてしまっているなどの症状には、さまざまな原因が考えられます。

外側からの処置や部品交換などによって対策することができ、業者による修理が入るまでの応急処置などとしても効果的です。

トイレの水漏れは非常に困ってしまう状況ですが、そのような時こそ冷静な措置をとりましょう。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。