24時間365日 通話無料 0120-245-990

ウォシュレットトイレの水漏れについて

ウォシュレットトイレの水漏れについて

トイレの水漏れは、トイレタンクや配管から起こるケースがほとんどですが、実はウォシュレットからの水漏れも起こり得ます。ウォシュレットから水漏れしてしまい、対処が分からず困ってしまったことのある方もいるのではないでしょうか。今回は、ウォシュレットトイレの水漏れについて、原因やメンテナンス方法などをお話ししていきます。

近年増加している「ウォシュレットの水漏れ」

近年、様々なトイレで見る機会が多くなった温水洗浄便座。今では国内の普及率は、70%を超えています。家庭のトイレはもちろん、ショッピングセンターやホテル、企業のオフィスなどあらゆる場所で当たり前のようにウォシュレットが使われています。ウォシュレットの普及に伴って当然増えてしまうのが、ウォシュレットによるトラブルですよね。トイレの中でもとりわけ精密機械であるウォシュレットは、細かいパーツがたくさんあるため、時間とともに劣化してしまう箇所も多くなります。使用開始から年数が経ってしまっているものは、それだけ水漏れなどのトラブルのリスクも高いのです。

ウォシュレットの水漏れの原因

トイレの中にあるためにあまり意識することがないかもしれませんが、ウォシュレットは立派な家電製品です。普通の便器と同じように拭き掃除はしても、細かいパーツの部分を掃除することはあまりないという人が多いのではないでしょうか。そうした状況では、気づかないうちに見えない部分に汚れがたまってしまい、部品の劣化や動作不良を引き起こします。それらはやがて水漏れの原因となってしまう可能性があるため、日頃から注意が必要でしょう。また、パッキンが劣化することによって水漏れが起きることもあります。多量の水漏れがある場合は、本体に何らかの損傷があるということも考えられるため、すぐに使用をやめて止水栓を閉めましょう。

自分でできるウォシュレットトイレのメンテナンス

ウォシュレットの劣化を防ぐために、日頃からメンテナンスをしておくことは非常に大切です。特に温水が出てくるノズルの部分は掃除の仕方がわからず、放置してしまうという人がほとんどだと思います。しかし最近の温水洗浄便座には、簡単にノズルの掃除ができるように「ノズル洗浄ボタン」というものがついています。これを押すと、水を出さずにノズルだけを引き出して掃除をすることができるため、日頃からのメンテナンスが容易にできるでしょう。ウォシュレットの水漏れは、ノズル周辺の原因の他に、接続部分が原因のものやトイレタンクが原因のものなどが考えられます。接続部分が原因の場合は、パッキンやボルトを確認しましょう。特にパッキンというのは経年劣化しやすい部品です。ボルトの緩みが原因であれば締めてしまえば解決しますが、パッキンに原因がある水漏れでは、ボルトをどんなに締めても水漏れしてしまいます。交換用のパッキンはホームセンターなどでも販売しているため、自分での修理も十分に可能です。

まとめ

ウォシュレットからの水漏れは対処方法が分かりづらく、困ってしまうことが多いかもしれません。家電製品であるため、自分での修理が難しい故障もありますが、自分で普段からメンテナンスを行うこともできます。ウォシュレットのノズルのこまめな掃除をする人はあまり多くないかもしれませんが、ここを怠らないことが水漏れを防ぐ秘訣です。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。