24時間365日 通話無料 0120-245-990

トイレの水漏れでかかってしまう水道代とは

トイレの水が止まらない原因

トイレの水漏れというのはどのご家庭にも起こりうるトラブルですが、そのような時でも供給された分の水道代というのはかかってきます。

場合によっては水漏れに気づかずに放置してしまい、気づいたら水道代の請求が驚くほど高額になっていたというようなケースも……

水漏れが原因でかかってしまった水道代というのは、果たして自分で支払わなくてはいけないのでしょうか。
今回は、トイレの水漏れによってかかる水道代についての疑問を解決していきたいと思います。

トイレの水漏れを放置した月の水道代とは?

トイレから水漏れがあった月の水道代は、いったいどれくらいになってしまうのでしょうか。

目安として、例えば普通の水道の蛇口からの直径1mmの水漏れに気づかなかった場合、1時間で5Lの排水となり、水漏れ分の水道代は1ヶ月でおよそ1,000円ほどかかります。水漏れが直径5mmであれば1時間30Lの排水で1ヶ月におよそ5,500円、10mmであれば1時間200Lの排水となり、1ヶ月の水道代は36,000円にまで上ってしまいます。

蛇口からの水漏れであれば、漏れているのが目に見えるため気づきやすいかもしれません。
しかしトイレの水漏れはなかなかあからさまに見えることが少ないため、気づきにくいという不安があります。

トイレの水面が揺れていたり、ちょろちょろと水漏れしている音が聞こえたりしている場合には気づくことができるかもしれませんが、少量の水漏れであればやはり気づくのもなかなか難しいでしょう。先ほどの例と同じような、1時間で200Lほどの水漏れに気づけない可能性は十分にあるのです。

2ヶ月放置すると水道代の請求は大変なことに

一般的に、水道代の請求は2ヶ月に1度となっていますよね。
例えば1度の請求期間の2ヶ月間、ずっと1時間200Lの水漏れがあるのを気づかずに放置してしまったと仮定すると、その請求金額はおよそ72,000円にもなってしまいます。
少しの水漏れだからと放っておいてしまうと、とても痛い目を見ることになりかねません。

トイレの水漏れでかかる修理代が誰が払うのか

トイレの水漏れの多くは、自分の故意やミスが原因で起こっているわけではないはずです。それなのに、水漏れしている箇所の修理代を支払うのはどうも悔しいですよね。
実は水漏れ修理によってかかった修理代は、必ずしも居住者自身が支払わなくてはいけないものではありません。

たしかにご自宅が持ち家の方に関しては、居住者自ら支払う必要があります。
しかし賃貸物件にお住まいの場合、その物件の管理人と相談の上で、管理人側が支払うというケースの方が断然多いです。市営住宅などでも、自治体にもよりますが、その物件を管理する自治体の負担になることが多いです。
また、元の水道管の破裂などによって水漏れが起きていたようなケースでは、ご自宅の住所のある自治体の水道管理者などの負担となります。

トイレの水漏れのサインとは

「水道代の請求が急に高くなっていた…」というようなことがあれば、水漏れを疑う必要があるでしょう。
しかし普段生活していて気づかないような水漏れは、なかなか突き止めるのも難しいことがあります。

トイレの水漏れを表す状態としてわかりやすいのは、便器内の水が溢れ出てきてしまっていたり、排水管から多量の水が漏れ出ていたりというケースです。そのほかには、給水管などの配管から水が滴っているような場合にもすぐに水漏れを認めることができます。
また、便器内に少量の水が流れ出ていたり、チョロチョロという音が聞こえていたりという症状も水漏れのサインかもしれません。

原因がわからない時は水道業者を呼ぶ

そのような際には水道業者を呼び、詳しい原因の究明や修理を依頼しましょう。

ちなみに場合によっては、接続部分のナットの緩みやパッキンの劣化などという比較的簡単な理由で水漏れを起こしていることもあります。ナットの緩みは締め直すことで解決することができますし、パッキンもホームセンターで販売されているため、自分で交換修理を行うことも可能です。

水道メーターで水漏れをチェックできる

「水道代が少し高くなっていたけど、原因が水漏れかどうかわからない」ということもあるかもしれません。
そのような際のチェック方法としておすすめなのが、水道メーターです。水道メーターの動きを見ることで、水漏れしているかどうかの確認をすることができます。

まず自宅にある蛇口を全てしっかり閉め、水が一切使われていない状態を作ります。次に水道メーターのボックスのフタを開け、さらに中にある丸いフタを開けます。
メーターを見て中のパイロット部分が少しでも回転していたら、家の中のどこかで水漏れが起きているということになります。反対に全く回転していなければ、高額な水道料金の原因が水漏れではないということが分かります。

まとめ

今回は、トイレの水漏れによってかかる水道代や、修理代は誰が払うのかということなどについてお話ししてきました。
トイレの水漏れはたとえ大規模でなくとも、放置してしまうと大量の水漏れとなり、水道代が高額になってしまう恐れがあります。

水道代の金額に少しでも違和感を感じたらすぐに水漏れを疑い、早急に対処することをおすすめします。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。