24時間365日 通話無料 0120-245-990

トイレの水漏れ修理~パッキンの交換~

トイレの水漏れ修理~パッキンの交換~

水漏れは、トイレ周りのトラブルの中でも特に多い症状です。特に、使用開始から10年以上経過しているトイレで水漏れは起こりやすく、そのほとんどがパッキンの劣化が原因で起こっています。みなさんも、給水管や止水栓から急に水が垂れていきたいなどという経験はありませんか?今回は、トイレのパッキンの交換について詳しくお話ししていきます。

トイレのパッキン交換に必要な道具

トイレの水漏れの際のパッキン交換に必要な道具として、以下のようなものが挙げられます。

  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ
  • ウォーターポンプフライヤー

この3つの道具を事前にホームセンターなどで用意し、作業に臨みましょう。なおモンキーレンチは1つでも作業可能ですが、2つあるとより便利です。

トイレのパッキン交換の前に

パッキン交換のみに限らず、トイレなどの水回りの修理を行う際には作業前に水道の元栓を閉めておく必要があります。トイレの修理の場合、基本的にはトイレの止水栓を止水栓を閉めることになります。ただしトイレの周辺に見つからない場合や、止水栓からの水漏れの修理の場合には、家の水道の元栓を閉めるようにしましょう。トイレの場合、トイレタンクから壁に伸びる配管に止水栓がついていることがほとんどです。また、家の水道の元栓は一般的に、家の玄関外の配管スペースにあります。
水道の元栓を閉めたら、トイレタンクの中の水を全て抜きましょう。止水栓が閉まった状態でトイレのレバーを回し続けると、タンク内の水が全て流れていきます。

トイレのパッキン交換の手順と方法

ここからは、箇所別のパッキン交換の手順と方法をご説明します。

給水管のタンク側のパッキン交換

手順1.ナットを外す

給水管には2つの接続部分があり、トイレタンク側と止水栓側にそれぞれナットで固定されています。その中に交換するパッキンがあります。モンキーレンチを使ってナットを外しましょう。

手順2.ストレーナーを取り出す

ナットを外すと、その中にストレーナーというフィルターが入っています。その両端にパッキンが取り付けられているため、これを取り出します。

手順3.パッキンを交換する

取り出したストレーナーの両端についているパッキンを新品に交換していきます。ストレーナーは白く、その両端のパッキンは黒いため、分かりやすいです。古いパッキンは捨ててよいですが、ストレーナーは再度使うため、一緒に捨てないように注意しましょう。

手順4.元に戻す

新品のパッキンに交換したら、給水管を元の状態に復元します。取り外した時とは逆の手順で、それぞれ元に戻していきましょう。さらなる水漏れが起こらないよう、パッキンと給水管が隙間なく噛み合うようにします。この際、ナットはきつく閉め過ぎる必要はありませんが、ある程度しっかり閉める必要があります。

給水管の止水栓側のパッキン交換

手順1.ナットを外す

タンク側のパッキン交換の際にはその箇所のナットを外すだけで交換できますが、止水栓側の場合にはタンク側のナットも外さなくてはいけません。上と同様、モンキーレンチを使ってナットを緩めていきます。壁との幅が狭いなどでモンキーレンチがうまく使えない場合は、ウォーターポンプフライヤーを使いましょう。

手順2.パッキンを交換する

ナットを外して給水管を分解すると、端にパッキンがついています。これを新品に交換します。止水栓側にはストレーナーはないため、そのままついているパッキンを交換していきましょう。

手順3.元に戻す

パッキンを交換したら、先ほど同様に給水管を元の状態に復元します。こちらも取り外した時と逆の手順で戻していきましょう。両端のナットがしっかり締まっていることを確認しておきます。

止水栓のパッキン交換

手順1.ナットを外す

上の2つと同様、モンキーレンチまたはウォーターポンプフライヤーを使ってナットを外していきます。

手順2.コマスピンドルを取り出す

ナットを外すと、コマスピンドルと呼ばれるジョイントが取り付けられています。ここには2つのパッキンがついており、これらを交換していくことになります。

手順3.水栓ケレップを交換する

水栓ケレップと呼ばれる、コマのような形をしたものにパッキンがついています。水栓ケレップは、これ自体を新品のものに交換します。古いものを抜き出して新品を挿し込むだけなので簡単です。

手順4.コマパッキンを交換する

もう1つのパッキン、ナトを外した時に最初に見えるコマパッキンも新品に交換します。これまでと同様、古いパッキンを外して新品のパッキンを取り付けましょう。古いパッキンが固まって外れにくくなってしまっていることがありますが、その場合には細いドライバーなどを使ってほじるように外すことができます。

手順5.元に戻す

2つのパッキンを交換したら、元に戻してナットを締めます。最後に止水栓を開け、水漏れがなくなっているか改めて確認しましょう。

まとめ

長年使用しているトイレでは、配管のあらゆるパッキンが劣化してしまっていることが多いです。パッキンの劣化はトイレの水漏れの非常に多い原因になるため、劣化に気づいたら迅速に交換することが望ましいです。自分で交換することもできるため、正しい方法を確認して交換しましょう。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。