24時間365日 通話無料 0120-245-990

トイレと床の間の水漏れについて

トイレと床の間の水漏れについて

トイレの便器と床の間から水漏れして、困ってしまったという経験はありませんか?床への水漏れというトラブルは厄介なものですが、さして珍しい事ではありません。しかし水漏れしているのを発見しても、原因がどこにあるのか分からなければどう対処してよいかも分かりませんよね。今回は、トイレと床の間の水漏れについて、原因や確認方法などを解説していきます。

トイレと床の間の水漏れの原因

トイレと床の間から水漏れがあった場合には、いくつかの原因が考えられます。原因によって対策も少しずつ変わってくるため、まずはどのような原因が考えられるのかを把握しておきましょう。

原因1.トイレの設置の不具合

トイレの設置の際に、便器と排水管の接続部分にズレが生じてしまっていることがあります。それに気づかずにそのままトイレを使用してしまうと、床との間から水漏れしてしまうのです。便器を新しいものに交換した際や、トイレの修理等で便器を一度取り外してから元に戻すなどした際に、そのような不具合が生じてしまう可能性があります。

原因2.床下の排水管の劣化

トイレの床下の排水管に亀裂が入ってしまうなどして、そこから水漏れして床に染み出てきているということも考えられます。この場合、トイレに直接繋がっている排水管が原因になっていることもあれば、トイレの床下を通っている関係ない排水管が原因になっていることもあります。トイレと関係のない排水管が原因になっている場合には、トイレの水漏れではないため、他の対策が必要です。

原因3.温水便座とトイレ本体の接続部分の水漏れ

ウォシュレットやシャワートイレなどの機能がついている温水便座と、給水管との接続箇所から水漏れが起こることがあります。漏れた水は便器をつたって床ヘ垂れ、床が濡れてしまうのです。この場合の水漏れの原因としては、部品の緩みやサイズ違いによる接続不良や、給水管および給水ホースの劣化などが考えられます。また、タンク内蔵型のものの場合、内蔵のタンクの劣化が原因で水漏れが起こっている可能性も考えられます。

原因4.便器のひび割れ

便器がひび割れしていて、そこから水漏れすることで床が濡れてしまっているという場合もあります。ただし、物をぶつけるなどして便器がひび割れてしまうということはありますが、陶器製であるため滅多な事ではひび割れを起こすことはありません。そのため、まずは他の原因を考えてみることをおすすめします。

原因5.結露

便器に付着した結露が床に垂れ、濡れてしまっているというケースも考えられます。特に、気温が著しく下がる真冬の時期などに起こりやすい症状です。こちらは環境が要因であり、トイレ自体の問題ではないため、結露している部分の水を拭き取るなどして対策しましょう。

トイレと床の間の水漏れの確認方法

トイレと床の間の水漏れにはあらゆる原因が考えられますが、おおよその原因は自分でも突きとめることができます。そして症状次第では自分で解決できる場合もあるため、原因や症状の確認方法を知っておきましょう。床が濡れている場合、床やその付近に注目してしまうことが多いですが、実はトイレタンクに原因がある可能性もあります。トイレタンクから水が滴っていた場合、タンク内のゴムフロートやボールタップの故障が考えられます。ゴムフロートはトイレのレバーと連動しており、水流を制御する役割を果たしています。レバーが上がっている時にはこのゴムフロートが排水管に蓋をしている状態なのですが、ゴムフロートが劣化してしまうと蓋がしっかり閉まらなくなり、少量ずつ水が漏れてしまうことがあります。また、ボールタップはタンク内の水量を調節するためのものになります。このボールタップが故障していると、タンク内の水位の調節ができなくなり、水漏れの原因となってしまうのです。

床の水漏れは要注意

トイレの床の水漏れには様々な程度があります。雑巾で軽く拭く程度で対処可能なものであればさほど大きな問題はありませんが、水たまりができてしまうほどの水漏れであれば迅速な対処が必要でしょう。特にマンションやアパートなどの集合住宅にお住まいで、下の階に入居者がいる場合には、そちらのお宅まで水漏れしてしまう可能性もあり、重大な住民トラブルに発展しかねません。しっかり水を止めて床を拭き、修理を検討しましょう。

まとめ

トイレと床の間から水漏れしてしまうと、水浸しになってしまうこともあり、とても煩わしいものです。様々な原因が考えられますが、おおよその原因は自分で突き止めることができます。どの箇所が原因になっているかによって対処方法も変わってくるため、まずは原因を明らかにすることが必要でしょう。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。