24時間365日 通話無料 0120-245-990

トイレの水が止まらない原因

トイレの水が止まらない原因

トイレで用を足して水を流した後、いつまで経っても便器の水や手洗い金具(蛇口)からチョロチョロと水が流れ続けているというような経験はないでしょうか。放っておくとどんどんひどくなり、トイレが水浸しになってしまうことも……。今回はこのようなトイレの水が止まらない原因をご紹介いたします。

トイレの水が止まらない症状例

通常ではトイレの水を流した後、減った分の水はタンクに補給されます。早くて数十秒、遅くとも1分程度でタンクは満タンになり水は止まります。しかし水が止まらなくなると、以下のような症状が現れます。

洗浄後時間が経っても水が流れ続ける

いつまで経っても水が止まる気配がなく便器に水が出ている状態で、チョロチョロと音を立てていたり、シューという水が通る音が聞こえます。流れ出ている量が少量の場合は、音がほとんどしないので気付かない場合も多いですが、便器の中をよく見てみると、水が流れているのが確認できます。

手洗い金具から水が流れ続ける

手洗い金具がついているタンクの場合、タンク上部にある手洗い金具から水が流れ続けます。このような状態になってしまうと、水の勢いはないものの止まる気配は全くありません。こちらも便器に水が流れて出てしまっていることで発生します。また水を出したり止めたりする装置が原因で水が出続けてしまうこともあります。

トイレの水が止まらない原因

ゴムフロートの劣化や異常

ゴムフロートとはトイレのタンク内にあって、タンク内の水が便器へ流れないようにする栓の役割をしています。トイレのレバーを操作すると、ゴムフロートが開いたり閉じたりして、水を流したり止めたりします。ゴムフロートは消耗品で、年数が経つと劣化していきます。劣化するとゴムにヒビが入ったり、変形したりするため、タンクの水が勝手に流れ出てしまうのです。そのほか、ゴムフロートの周りにゴミが挟まれて隙間ができ、水が流れ出てしまうケースなどもあります。

ボールタップバルブの故障

ボールタップバルブとは、タンクの中の水位を正常に保つためのセンサーの役割があります。通常ではちょうど満タンに近い水位になると水を自動的に止めてくれますが、ボールタップバルブが故障すると、水が十分溜まっているのに水が止まらなかったり、水が溜まっていないのに水が止まってしまったりと、タンク内の水位に異常が発生します。

ボールタップバルブは水位を感知する浮球と弁が一緒になっていて、浮球の位置によって水を通したり止めたりする働きがあります。
ボールタップバルブも基本的な構造は、私たちが普段使う水道の蛇口と似たような構造になっているため、パッキンが劣化したり、金具の消耗などにより、正常に機能しなくなってしまいます。

通常のタンクは「オーバーフロー管」というものがあり、タンクから水があふれないような構造になっているので床が水浸しになる心配はありませんが、劣化を長い間放置してしまうと、無駄な水がどんどん便器へ流れていってしまう恐れがあります。

タンク本体の損傷

稀ですがタンク本体に亀裂が入っていたりして、水漏れが発生することがあります。多くのタンクは茶碗などと同じ陶器で作られていますので、地震があったり、何かをタンクにぶつけてしまったりするとタンクが損傷してしまいます。タンクが損傷すると床に水が流れ出てしまい、水が溜まらないため水が止まらなくなってしまうのです。

このようにトイレの水が止まらない原因はいくつかあり、いずれもタンク周りに問題が多いということが分かります。ご自身での修理はトイレを傷つけてしまう可能性があるので、まずは業者に連絡することをおすすめします。

トイレの水が止まらない場合の対処法

<手順1>止水栓を閉め、トイレタンクの水を空にする

トイレの水が止まらない場合の対処をする際、まずどのような作業をするにあたってもしなくてはならないのが「止水栓を閉める」ことです。止水栓が閉まっていなければ、作業中に水が流れてきてしまって大惨事になってしまう可能性もあるため、必ず閉めましょう。

止水栓は壁や床からトイレタンクへと伸びる給水管のどこかにあり、マイナスドライバーで時計回りに回すことで閉めることができます。

この状態で、水を流すレバーを回してトイレタンク内の水を全て抜きましょう。

<手順2>トイレタンクの蓋を外す

止水栓を止めて中の水を空にしたら、トイレタンクの蓋を外します。

手洗い管の付いていないタイプのトイレタンクであれば、全て蓋を持ち上げるだけで外すことができますが、手洗い管の付いているタイプのトイレタンクの中にはそのまま外せるものと外せないものがあります。

そのまま外せないタイプの場合、手洗い管を給水管から外さなくてはなりません。蓋を開けて手洗い管の付け根にあるナットを回し、手洗い管を外しましょう。そうすることで、トイレタンクの蓋を外すことができるようになります。

<手順3>水漏れの原因箇所を修理する

ゴムフロートに挟まった異物を取り除く

ゴムフロートに何らかの物が挟まってしまっている場合があります。その場合はその異物を取り除き、ゴムフロートが排水口をぴったりと覆うような状態にしましょう。

ゴムフロートを交換する

まずゴムフロートを取り外します。ゴムフロートは鎖とオーバーフロー管に繋がっていますが、はまっているような形のため簡単に外すことができます。

自宅のトイレの形に合ったゴムフロートをホームセンターなどで購入し、取り付けましょう。排水口をぴったりと覆うことができるように取り付けることができれば完了です。

ゴムフロートの鎖の絡みを解消する

ゴムフロートの鎖が絡まってしまっている場合があります。その場合、一度鎖を取り外してから絡みを解消し、元に戻しましょう。

ボールタップを締めなおす

ボールタップには通常、付け根にねじることのできるつまみのようなものが付いています。それを回して締めなおすことで、水位を調節することができます。

トイレタンク内の水を抜いた状態で作業をするため、水位を実際に確かめながら行うことはできませんが、標準的な水位になるよう計算しながら締めていきます。だいたい時計回りに90度回すと水位がおよそ1センチ程度上がり、逆に回すと同じ要領で水位が下がります。

オーバーフロー管の先より2,3センチほど下を目安に調節しましょう。

ボールタップや浮き玉を交換する

給水管からボールタップを外し、交換しましょう。ボールタップはホームセンターなどで購入することができ、たいていの場合浮き玉や支持棒も付属しています。

交換したら、上の項目にあるようにボールタップを締めて水位を調節しましょう。

オーバーフロー管を交換する

オーバーフロ管を交換する際には、まずトイレタンク自体を取り外す必要があります。タンクに接続している給水管を外し、オーバーフロー管との接続部分も外してトイレタンクを取り外しましょう。

オーバーフロー管もホームセンターなどで売られているため、購入が可能です。新しいオーバーフロ管を取り付け、外しておいたトイレタンクを元に戻して給水管とも接続し直しましょう。

手洗い管のナットを締めなおす

手洗い管は、トイレタンク内でボールタップとつながっています。

手洗い管とボールタップの接続している部分のナットを、モンキーレンチなどで締めなおしましょう。

手洗い管のゴムパッキンを交換する

手洗い管の付け根にあるゴムパッキンが劣化している場合、それも交換しましょう。これもホームセンターなどで購入が可能です。

トイレタンクの蓋を外す際に外した手洗い管の付け根のナットの中にあるパッキンを外し、新しいものを取り付ければ完了です。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。