24時間365日 通話無料 0120-245-990

トイレの水が止まらない原因と対処法

トイレの水が止まらない原因

トイレで用を足して水を流した後、いつまで経っても便器の水や手洗い金具(蛇口)からチョロチョロと水が流れ続けているというような経験はないでしょうか。放っておくとどんどんひどくなり、トイレが水浸しになってしまうことも……。今回はこのようなトイレの水が止まらない原因をご紹介いたします。

トイレの水が止まらない…!まずは応急処置を

トイレの水が止まらないトラブルが起こってしまったら、解決するまでは気が気じゃないですよね。

「水道代が高くなってしまうんじゃないか?」「とにかく少しでも症状を緩和したい!」と誰しも不安になってしまうはずです。

ましてや日常生活に欠かせないトイレという場所でのトラブルは、どうにも困ってしまうものです。

そんな時、本格的な修理はともかくいったんその状況をなんとかしたいというのが多くの人の本音でしょう。

トイレの水が止まらなくなってしまった時に、とにかくいったん水を止めるための応急処置方法として有効なのは、トイレの止水栓を閉めること。

止水栓は一般的に、トイレの壁からトイレタンクへと繋がっている給水管の途中についていて、マイナスドライバーで回せるような一文字のくぼみがあるのが特徴です。

トイレの洗浄水というのは、トイレタンクに貯められた水が流されています。このトイレタンクの貯水は給水管を通って家の水道から供給される仕組みになっているのですが、給水管の途中にある止水栓を閉めることで、トイレタンクへの水の供給を完全に遮断させることができるのです。

トイレの水が流れる仕組みを解説

トイレタンクに水が供給される仕組み

先ほども述べましたが、トイレタンクへの給水は給水管を通って行われます。そしてその水がタンクに入ってすぐ、タンクの入り口にあるのがボールタップと呼ばれる部品です。このボールタップは、その先の手洗い管やタンク内部に水を送る役割を果たす器具になっています。

ボールタップには、ピストンバルブを介して上下に動作する支持棒がついていて、さらにその先には内部が空洞になっている浮き玉と呼ばれるものがつながっています。この浮き玉はトイレタンク内部に貯められた水の表面に浮いていて、水位によって上下に移動します。この浮き玉の位置に応じて支持棒が上下に動き、ピストンバルブが開閉することによって、タンク内への水の供給を制御しているのです。

トイレを誰も使用していない普段の状態では、浮き玉は正常な水位の高さにあり、ボールタップからのトイレタンク内への給水は行われません。

しかし一度水を流すと、当然タンク内の水位が下がり、浮き玉の位置も低くなります。するとボールタップから給水がされ始めます。

給水がされてタンク内の水位が通常な位置まで上がると、浮き玉の位置も上がってボールタップからの給水が止まるというのが、一連の給水の仕組みになっているのです。

トイレタンクから便器へ水が流れる仕組み

普段みなさんがトイレで水を流す際、トイレタンクの横についている水洗レバーをひねって流していることと思います。

この水洗レバーの先はタンク内にアームが伸びており、さらにその先で連動して動くチェーンにつながっています。このチェーンの先のタンク底部に、便器内への排水弁であるゴムフロートがつながっています。

また、ゴムフロートの横にはオーバーフロー管がタンクの標準水位より少し上ほどの高さまで伸びており、この管も下部で排水口へとつながっています。

水洗レバーをひねることで、トイレタンク内に伸びているアームがチェーンを引き上げます。するとその先につながっているゴムフロートが持ち上がり、排水口が開いてタンク内の水が便器へと排出される仕組みになっています。

トイレタンク内のすべての貯水が排出されると、ゴムフロートが降りて再び排水口にフタをします。その後、先述のような流れでトイレタンクへの給水が再びされます。

オーバーフロー管というのは、通常の状態においての便器への排水には関与しません。しかしタンク内の水位が標準水位を大きく超えてしまっている際には、オーバーフロー管が先端から水を取り込んで便器へと排出し、タンク内の水位を下げる役割を果たします。

トイレの水が止まらない症状例

通常ではトイレの水を流した後、減った分の水はタンクに補給されます。早くて数十秒、遅くとも1分程度でタンクは満タンになり水は止まります。しかし水が止まらなくなると、以下のような症状が現れます。

洗浄後時間が経っても水が流れ続ける

いつまで経っても水が止まる気配がなく便器に水が出ている状態で、チョロチョロと音を立てていたり、シューという水が通る音が聞こえます。流れ出ている量が少量の場合は、音がほとんどしないので気付かない場合も多いですが、便器の中をよく見てみると、水が流れているのが確認できます。

手洗い金具から水が流れ続ける

手洗い金具がついているタンクの場合、タンク上部にある手洗い金具から水が流れ続けます。このような状態になってしまうと、水の勢いはないものの止まる気配は全くありません。こちらも便器に水が流れて出てしまっていることで発生します。また水を出したり止めたりする装置が原因で水が出続けてしまうこともあります。

タンク内に水が流れ続ける

トイレタンクの内部から水が流れる音が聞こえてきた場合、トイレタンク内に水が流れ続けてしまっている可能性があります。 これはつまり、タンク内へ水が供給され続けているということになります。

トイレタンクへの給水は、ボールタップと浮き玉によって調整されています。本来、タンク内の水位が適切な位置までくると、ボールタップの給水弁が閉まって給水が止まる仕組みになっていますが、これが正常に機能していないと給水が止まらなくなってしまうのです。

トイレの水が止まらない原因となる不具合とは

 

便器内への給水が止まらない症状の原因

通常時や洗浄後に便器内への水の排出が止まらない場合、以下のような不具合が原因として考えられます。

  • ゴムフロートが正常に機能していない
  • タンク内の水位がオーバーフロー管の先端より上に来ている

原因となっている可能性が最も可能性の高いのは、ゴムフロート関連の不具合です。
ゴムフロートはタンクの底で排水弁の役割を果たしているゴム製の部品ですが、このゴムが経年劣化していたり、位置がずれてしまっていたりすると便器内へ水が排出され続けてしまうのです。

 

手洗い金具からの水が止まらない症状の原因

トイレタンクの上に手洗い用の蛇口のような管がついているタイプのトイレは多く、この手洗い金具からの水が止まらないという症状も起こりやすいケースの一つです。この場合、以下のような不具合が原因として考えられます。

  • ボールタップが正常に機能していない
  • 水洗レバーとゴムフロートをつなぐ鎖が絡まっている
  • 各接続部分のパッキンの経年劣化

この症状は基本的に、ボールタップの不具合もしくは他の原因によってボールタップが機能していないことで起こります。
ボールタップ自体の故障でなくとも、水洗レバーの鎖が絡まってゴムフロートがちゃんと開閉しなかったり、あらゆる接続部分のパッキンが劣化することでちゃんと止水されなかったりということから、ボールタップが正常に機能しないこともあるのです。

 

タンク内への給水が止まらない症状の原因

目には見えていないもののトイレタンク内から水が流れている音が聞こえる場合は、タンク内への給水され続けていることがあります。
その場合の原因としては、以下のような不具合が考えられます。

  • ボールタップが正常に機能していない
  • 浮き玉が正常に機能していない
  • ゴムフロートが正常に機能していない

トイレタンクへの給水は、ボールタップと浮き玉の働きによって調整されています。
タンク内の水位に応じて浮き玉が上下し、その位置によってボールタップが給水弁として開閉して給水量を調整するという仕組みですが、それらの機能が正常に発揮されないと給水量が制御できなくなってしまうのです。
またゴムフロートがしっかり排水弁の役割を果たしていない場合にも、水が流れ続けてしまうということが起こってしまいます。

トイレの各不具合への対処法

ボールタップの不具合への対処法

水位調整が効かなくなっている場合

タンク内の水位が異常に高くなってしまう原因として、ボールタップの緩みが考えられます。
緩んでいるのは水位を調整するためのネジのようになっている部分で、ボールタップの下側にあります。ここの調整がおかしくなっていると、タンク内の水位が異常に高くなってしまうことがあります。
そのためこの部分を締め直して調整しましょう。

ボールタップが故障している場合

ボールタップが劣化などによって故障していると、給水や止水の機能が上手く働かなくなってしまいます。
試しに浮き玉を上に持ち上げてみても水が止まらない場合、ボールタップの故障とみて間違いありません。
この場合はボールタップ自体を新しいものに交換する必要があるでしょう。

浮き玉が破損している場合

浮き玉が破損していると、中に水が入り込んでしまったり、支持棒が折れ曲がってしまったりしてしまう可能性があります。
すると水位の変化が正しく伝わらなくなってしまうため、ボールタップの誤作動につながるのです。
この場合、浮き玉や支持棒を新しいものに交換することで解決しましょう。

ゴムフロートの不具合への対処法

ゴムフロートが劣化している場合

ゴムフロートはゴム製で常に水中にあるため、経年劣化も早いです。
劣化して穴が空いていたり、形が歪んでしまっていたりすると、排水口をしっかり塞ぐことができず、排水弁としての機能を果たさなくなってしまいます。
この場合、ゴムフロートを新しいものに交換する必要があるでしょう。

その他

鎖が絡まっている場合

水洗レバーとゴムフロートをつなぐ鎖が絡まってしまっていると、ゴムフロートが常に持ち上がっている状態になり、便器への排水が止まらなくなってしまいます。
この場合は鎖の絡みを解消して元に戻し、適切な長さにしましょう。

オーバーフロー管が劣化している場合

オーバーフロー管のどこかが破損してしまっていると、水位が高くなくてもオーバーフロー管の破損箇所から水が入り込み、便器への排水が止まらなくなってしまうことがあります。
この場合は何らかの形で破損箇所を塞ぐか、オーバーフロー管を新しいものに交換しましょう。

ゴムフロートに異物が引っかかっている場合

稀にゴムフロートに異物が引っかかってしまっていることが原因で、排水口をしっかり塞ぐことができず、便器への排水が止まらなくなってしまうということもあります。
異物を取り除くことでこの症状は解消されますが、異物によってゴムフロートが傷ついてしまっている場合などには、程度を見て新品への交換なども考えましょう。

タンクレストイレの水が止まらない場合は…

ここまではトイレの水が止まらない症状や原因、対処法などについてお話ししてきましたが、全てタンクの付いた一般的なタイプのトイレのお話でした。

しかし近年はタンクの付いていない、「タンクレストイレ」も増えてきているという実情があります。皆さんもきっと、一度はご覧になったことがあるのではないかと思います。

タンクレストイレの種類

タンクレストイレにも2種類あり、「フラッシュバルブ式」のトイレと「オール電化」のものがあります。

フラッシュバルブ式のトイレは、水道から直接便器へ排水を行う方式のものです。便器の後ろにトイレタンクが併設されていない構造のトイレとなっており、壁や床からパイプが伸びて直接便器へとつながっています。

オール電化のトイレは、タンクへの給水や便器への排水などトイレの機能の全てが機械化されています。商業施設などでよく見られる、便器の洗浄をスイッチやセンサーで行えるものなどがこれにあたります。

タンクレストイレの水が止まらない場合の対処法

フラッシュバルブ式のタンクレストイレ

フラッシュバルブ式のタンクレストイレで水が止まらない症状が起きた場合、自分で修理することのできる場合があります。

壁などから伸びている給水管の内部のパッキンや接続部品を新しいものに交換することで、症状が解消される可能性があるのです。

修理の手順としては、まず水洗レバーの反対側にある止水栓を閉めます。その後、給水管の上部のナットを外し、中の部品を必要に応じて交換していきましょう。 ただし以上の方法は、水が止まらない症状が起きているのが単独のトイレである場合に限ります。

オフィス用のビルなど、1箇所に多くのトイレが設置されているようなところでは、フラッシュバルブ式のタンクレストイレになっている場合が多いです。もしそのような場所の複数のトイレで水が止まらない症状が起きたということであれば、素人が自分で修理をすることは難しい状況であるため、専門の水道業者に修理依頼をすることをおすすめします。

オール電化のタンクレストイレ

オール電化のタンクレストイレで水が止まらない症状が起きた場合、修理をするには電子機器に関する専門的な知識が必要となります。

さらにこれは、他の症状が起きた場合でも同じことが言えます。

水が止まらないという症状に限らず、オール電化のタンクレストイレで不具合が起きた際には、直ちに止水栓を閉めて電源コンセントを抜き、製造メーカーや水道業者へ問い合わせることをおすすめします。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。