24時間365日 通話無料 0120-245-990
トイレのつまりトラブルはお任せください

壁や天井から水漏れする原因

壁や天井から水漏れする原因

壁や天井などの建物の内部から水漏れが発生すると、壁紙や天井板などが変色したり、ひどい場合はポタポタと水が落ちてくることがあります。原因としては雨漏りなど、外部から雨水が侵入するケースが多いですが、水道管や水回り設備からの水漏れの場合も考えられます。ここでは壁や天井から水漏れする原因についてご紹介いたします。

雨漏りが原因

天井や壁が濡れてしまう原因で真っ先に思いつくのは「雨漏り」ではないでしょうか。「雨の日に限って水漏れが発生する」、「台風など荒れた日によく水漏れが発生する」など、雨降りのときに水漏れが見られる場合は雨水が家屋の中に侵入していると考えたほうが良いでしょう。

一般的なご家庭の家屋では、雨水が家屋の中に侵入してこないように防水処理が施してあります。しかし時間の経過とともに劣化し、次第に外壁や天井の隙間から雨水が入り、やがて雨漏りに発展していきます。

また地震などがあった際もひび割れや防水コーティングが剥がれたりするので雨漏りしやすくなります。放置すると侵入した水によって木や鉄骨を腐食させ、家の耐久性が下がってしまいますので、早急な修繕が必要となります。雨降りに限って天井や壁から水漏れが発生している場合は、真っ先に雨漏りを疑い、最寄りの業者に相談するようにしてください。

2階のトイレやお風呂が原因

一軒家で2階にトイレやお風呂が場ある場合、そこから水漏れが発生し、天井や壁を濡らしている可能性があります。雨漏りとは違って、トイレを使用したり、お風呂場を使用しているときだけ水漏れが発生したり、状況によっては1日中水が漏れてしまうこともあります。
原因としてはトイレのパッキン、お風呂の給排水回りの劣化、また排水管の接続部の劣化などが挙げられます。特にトイレの排水管から汚水が漏れると臭いを伴うこともあり、とても不衛生です。いずれの場合も経年劣化によるものが多いものの、地震などによる外部からの力により水漏れが発生することもあります。

天候にかかわらず天井や壁から水漏れがしていたり、トイレやお風呂場を使用した際に水漏れが確認できる場合は、水回りの設備からの水漏れを疑いましょう。水漏れ箇所を素人で特定するのは困難と言えますので、専門業者に問い合わせるようにしてください。

水道管の破裂が原因

ご自宅の2階にトイレやキッチン、お風呂場などがある場合、壁や天井に給水用の水道管が設置されています。これらが破裂することにより水が漏れだし、天井の壁が濡れてしまうことがあります。1日中水漏れが発生し、特に水漏れ量が多い場合は水道管の破裂を疑いましょう。

破裂する原因としては水道管の経年劣化によるものが多いものの、地震や凍結などの原因で破裂するケースも少なくありません。家の中が水浸しになってしまうような状況であれば、慌てずにまず水の元栓を止め、すぐに業者へ連絡するようにしましょう。濡れている量が少量であっても、見えない部分で大量に水漏れが発生していることも考えられますので、放置せずに業者へ相談するようにしてください。

以上壁や天井の主な水漏れの原因についてご紹介させていただきました。しかし水漏れの原因は上記以外にもさまざまにありますので、水漏れだと思ったらすぐに当社にお問い合わせください。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。