24時間365日 通話無料 0120-245-990
トイレのつまりトラブルはお任せください

水道管が破裂! 何が原因?

水道管が破裂! 何が原因?

冬場の天気予報などで「水道管の凍結に注意してください」という言葉を聞いたことはないでしょうか。水道管が破裂する原因の1つに「凍結」が挙げられますが、ほかにもさまざまな原因によって水道管が破裂してしまうことがあります。ここでは水道管が破裂する具体的な原因について紹介していきたいと思います。

水道管が経年劣化していた

水道管は永久に使用できることはなく、年数の経過により少しずつ劣化が進んでいきます。基本的に10~15年程度で劣化が始まり、破裂のタイミングは環境によっても左右されますが、築10年程度で破裂してしまう場合もあれば、築50年でもなんともないというケースもあり、予防や対策が難しいのが現状です。
ある日突然水道代が上がってしまった場合は、見えない地下で水道管が破裂して漏水していることもありますので、常に水道代の変動はチェックするようにしましょう。

凍結が原因で破裂した

水道管の破裂は、冬場の寒い日によく起こるケースで、一般的に最低気温が氷点下になりにくい地域が要注意です。水の入ったペットボトルを冷凍庫に入れて凍らすと、ペットボトルがパンパンに膨らんだのを見たことはないでしょうか。これは水が氷ると体積が増えることが原因で、水道管内の水も氷ることで膨張し、水道管が割れたり、接続部分が破損してしまうことがあります。

寒気などの影響で最低気温が-4度以下になると危険で、特に庭の水やりや洗車などに使う屋外に露出している水道管は要注意です。予防策としては、気温が下がる前に屋外の水道を少し開けておき、ちょろちょろ水が流れるようにしておいたり、露出している水道管に布や保温チューブをかぶせてテープで巻いておくなどすると効果的。破裂して漏水してしまった場合は、水道の元栓を閉めてすぐに業者へ連絡するようにしましょう。

地震の揺れで破裂した

地震による揺れでパイプに負荷がかかり、破裂したり亀裂が入って漏水してしまうことがあります。経年劣化により水道管が傷んでいる場合は、少しの揺れでも破裂してしまうことがあり、「地震が小さい=大丈夫」ということではありません。また新築でも地震の大きさによっては破裂してしまうことも考えられます。
地震が起きたら揺れがおさまるのを待って、念のためすべての水道を止めて水道メーターを確認するようにしましょう。すべての水道設備を止めているにもかかわらずメーターが動いていればどこかで漏水している可能性があります。

水道管の破裂は経年劣化などのほかに、冬季の凍結も危険。水道管が破裂してしまった際には、ご自分で直すのは困難ですので、慌てずにまずは当社にお問い合わせください。

※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。