24時間365日 通話無料 0120-245-990

それぞれの場所における配管つまりの原因

それぞれの場所における配管つまりの原因

ご家庭で配管つまりなどのトラブルの危険がある箇所といえばトイレ、キッチン、お風呂が挙げられます。どれか一箇所が使えなくなってしまっても、生活するにはとても不便になるため、日ごろから配管をつまらせないように注意する必要があります。ここでは、それぞれの場所における配管つまりの原因などについてご紹介いたします。

トイレのつまり

トイレでは用を足した汚物とトイレットペーパーだけを流すだけならつまることはほとんどありませんが、以下のようなものを流すとつまりの原因になってしまうので注意してください。

ティッシュペーパー

トイレットペーパーとよく似ているティッシュペーパーですが、実は水に強く溶けにくい性質があるため、大量に流すとつまりの原因になってしまう場合があります。合わせて、紙おむつや生理用品なども流さないようにしましょう。

猫のトイレ砂

トイレに流せないタイプのものをうっかり流してしまうと配管の中でセメントのように固化してしまい、大がかりな工事が必要になってしまうことがあります。特に、猫のトイレ砂をそのまま流してしまう方も多いようですが、たとえトイレに流せるタイプの猫砂であっても、一度に大量の砂を流すとつまる恐れがあるので注意してください。

洗剤やワックスのフタなど

トイレ掃除をしているときに、トイレクリーナーやワックスのフタなど、小さなものを誤って落としてしまうことがありますが、これは配管内でつまる恐れがあるので大変危険です。万が一うっかり落としてしまった場合には、すぐに拾い上げるようにしてください。

キッチンのつまり

キッチン回りもよく配管がつまってしまうことがあります。生ごみを直接流さないことはもちろんですが、以下の点にも気を付けてください。

食べ残しなどの食材

食材をそのまま流してしまうことで配管の中に少しずつ蓄積してしまって、つまりの原因となってしまいます。調理している間に出た食材の切れ端や、食後の食べ残しなどはそのまま排水口に捨てず、必ずゴミ箱に。小さいカスは排水口用の水切りネットや三角コーナーを利用して取り除くようにしてください。

油汚れの蓄積

油は少しずつ配管の表面に付着し、層となって水の通り道を狭くしていきます。天ぷらなどの残り油をそのまま流すのはもちろんやってはいけませんが、ラーメンやお鍋の残り汁や食器に付着した油汚れもつまりの原因になります。表面の油をふき取ったりしてできるだけ排水口に油を捨てないように気を付けましょう。

お風呂のつまり

お風呂は髪の毛によるつまりのほか、皮脂や石鹸のカスなどが原因となる場合もあります。以下のようなことに心当たりがないか一度確認してみるようにしましょう。

髪の毛

一般的なお風呂では髪の毛が排水口へ流れないようにするヘアキャッチャーがついているため、それほどつまりを心配する必要はありません。ただ、「水の流れが悪いから」という理由でヘアキャッチャーを外してしまっている人もいるようです。数本の髪の毛が流れたくらいでは特に影響はありませんが、それが蓄積されるとつまりの原因となり水の流れが悪くなってしまうため、髪の毛が排水口へ流れてしまわないようにしっかりと対策するようにしましょう。

皮脂や石鹸カス

皮脂や石鹸カスは黒いヌルヌルの物体となって配管内に付着していきます。これを100%防ぐことは難しいので、定期的に排水口クリーナーを使ったり、ブラシで磨くなどしてひどくなる前に対処するように心掛けてください。

シャンプーのフタなどの異物

意外に多いのが詰め替え用のシャンプーや入浴剤の切れ端などをうっかり流してしまうというケースです。固形物が流れてしまうと、クリーナーなどの洗浄剤を使っても溶かすことができません。このようなことが起きないよう、シャンプーやリンス、ボディーソープの詰め替えは、浴室ではなく脱衣場で行うようにしましょう。

ここではそれぞれの場所における主な配管のつまりの原因をご紹介させていただきました。つまりを自身で直そうとすると、逆流させてしまったり、配管を壊してしまったりするリスクも考えられます。つまりを発見した場合には、まずは当社までお問い合わせください。

 
※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。